[DUNLOP]AMA SX Rd.10 ダンジーがデイトナ初優勝を飾る!

スーパークロス発祥の聖地としてリスペクトされるデイトナは、シリーズの中で最もユニークな大会だ。開催地がスタジアムではなくスピードウェイであることや、大会スポンサーがモンスターエナジーではなくホンダであることに加え、コース設営スタッフが他の大会とは異なっている。デザインはリッキー・カーマイケル(`01、`02、`03、`05、`06年AMASXチャンピオン)が担当し、ブルドーザーでコース作りをするのがマーク・バーネット(`81年AMASXチャンピオン)。`08年から始まったこのコラボレーションは、今回で8年目となった。

スーパークロスが行われるのは、ホームストレッチとピットレーンの間にある芝生の上。近年はグランドスタンドに向かってスタートするレイアウトが多用されてきたが、今年はスターティンググリッドがグリーンの西端に移設された。1周930メートルと長めに設定されたコースには、ジャンプが30個、フープスが2ヶ所、さらにモーグルセクションなどが盛り込まれた。土質はサンドとクレイのミックスだが、前日までに断続的に降った雨でソフトになり、随所にワダチができやすいコンディションになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る