[KTM]AMA SX Rd.10 前戦アトランタに続き250&450両クラスでKTMが勝利!

フロリダ州デイトナで開催された『2015スーパークロス/第10戦デイトナ』。Red Bull KTMファクトリーチームから450SXクラスに参戦した#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は自身初となるデイトナSXでの勝利を獲得。それによりチャンピオンシップでは2位以下に40ポイントもの差を付け首位を独走しています。

また250SXクラス東地区に参戦した#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)も東地区第4戦となるデイトナで今季3勝目を獲得。ポイントスタンディングス首位を表すレッドプレートをキープしました。

■450SXクラス
ダンジーはヒートレースでホールショットを決めると、そのままリードを広げトップでゴール。決勝へのチケットを早々に手にしました。

決勝でも好スタートを切り、3位で第1コーナーをクリアしたダンジー。すぐに前を行くC・シーリー(ホンダ)にプレッシャーを掛けます。そこからハンドルをぶつけ合うほど激しいバトルを展開した2台。しかし5周目、その争いはダンジーに軍配が上がります。ダンジーはその勢いのまま首位を走る、同じくKTMを駆るBTO Sportsの#29Andrew Short (アンドリュー=ショート)の背後に付けると、再びプレッシャーを掛けます。そして8周目、アウトから仕掛けたダンジーがショートをかわしトップに浮上。以降プッシュし続けたダンジーは、レース中盤には後続に10秒もの差を付けて独走。自身初となるデイトナSX勝利を手にしました。

ダンジーのコメント:
「デイトナで初めて勝つことができた。この勝利はシリーズにおいても大きな意味を持つだろう。しかし勝つことは気分が良い。デイトナは他のコースと違うことからレース前のセッティングに時間が掛かったが、その甲斐あって良いフィーリングが得られた。勝てて本当にうれしい」

■250SXクラス
ヒートレースで好スタートを切ったムスキャン。ホールショットを獲得するとそのままトップを走りきり、2位以下に3秒の差を付け勝利。決勝に駒を進めます。

迎えた決勝。ムスキャンは再びホールショットを獲得すると、トップでファーストラップをクリア。そのままプッシュを続け早々に独走状態を築きます。レース中盤には2位以下に8秒もの差を付けたムスキャン。その後も完璧な走りでリードを広げ、いまやお馴染みとなったヒールクリッカーでゴール。今季3勝目を獲得しました。

ムスキャンのコメント:
「デイトナで勝つことは子供の頃からの夢だ。ここでの勝利は2度目だが、喜びの大きさは初勝利の時と変わらない。ここのトラックは本当に楽しい。チャンピオンシップにおいても良い結果が得られた。マシンはもちろん、自分のコンディションもとても良い」

次戦/第11戦は3月14日(土)、インディアナ州インディアナポリスで開催されます。

■450SXクラス 決勝結果:
1, Ryan Dungey – KTM
2, Eli Tomac
3, Blake Baggett
4, Cole Seely
5, Chad Reed
12, Andrew Short – KTM

◎450SXクラス ポイントスタンディング
1, Dungey(KTM), 224points
2, Canard, 184
3, Tomac, 159
4, Roczen, 156
5, Reed, 140

■250SXクラス東地区 決勝結果:
1, Marvin Musquin – KTM
2, Justin Bogle
3, Jeremy Martin
4, Joey Savatgy
5, RJ Hampshire
18, Dakota Alix – KTM

◎250SXクラス東地区 ポイントスタンディング
1, Musquin(KTM) , 97 points
2, Martin , 85
3, Bogle , 84
4, Savatgy , 72
5, Davalos , 56

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る