[KTM]WMX Rd.2 MX2のハーリングスが2戦連続完全勝利

『2015世界モトクロス選手権/第2戦タイ』。Red Bull KTMファクトリーチームからMXGPクラス(2st250cc以下、4st450cc以下)にエントリーした#222/Antonio Cairoli(アントニオ=カイローリ)はレース2で今季初勝利。総合3位を獲得。#100/Tommy Searle(トミー=サール)はレース1で激しくクラッシュ。その影響でレース2をキャンセルしました。また#9/Ken de Dycker(ケン=デ=デッカー)もレース1で激しく転倒。かろうじてレース2に出場しましたが数ラップ走行した後にリタイヤしました。

MX2クラス(2st125cc以下、4st250cc以下)に参戦した#84/Jeffrey Herlings(ジェフリー=ハーリングス)は開幕戦に続き1-1の完全勝利。そして新規加入の#47/Pauls Jonass(ポウルス=ジョナス)は4-2で総合3位を獲得しました。

■MXGPクラス
カイローリはレース1では5位となったものの、レース2では勝利し総合3位を獲得。今シーズン、カイローリのライバルとして注目を集めているR・ビロポート(カワサキ)はレース1でMXGP初勝利を納めるとレース2では3位に入り総合優勝を飾りました。

レース2のカイローリはすばらしい走りを見せました。2位のC・ディザール(スズキ)には10秒差、3位のR・ビロポート(カワサキ)には13秒差を付けゴールしたのです。しかしチームメイトの2人は不運でした。サールはレース1で激しくクラッシュ。その影響でレース2をキャンセルしました。脳震盪を起こしていたサールは検査のため病院に搬送されました。デ・デッカーもレース1で激しく転倒。かろうじてレース2に出場しましたが数ラップ後にリタイヤしました。

カイローリのコメント:
「この週末はいくつかミスを冒した。とくに予選でのミスが大きかった。レースでは良いスタートを切り、第1コーナーではイン側を抑えることが重要だ。しかし7番手からのスタートで若干ハラんでしまい、その結果外に押し出されてしまった。17位まで落ち、そこからトップ集団に追いつこうと試みたが5位に終わってしまった。レース2では良いスタートが切れた。コースは荒れていたし、暑さで集中力が続かずミスを冒しやすい状況だったが、良いリズムで走ることができた」

■MX2クラス
ハーリングスはMX2クラスにおいて圧倒的な強さを誇るライダー。しかし昨シーズン途中に負った大腿骨骨折によって戦線を離脱し、約7ヶ月ものブランクを経て今シーズンからレースに復帰したばかり。そのポテンシャルがどれほど回復しているかに注目が集まりましたが、その心配は無用でした。ここ第2戦タイでは完璧な走りを見せ、2戦を終え早くも100ポイントを獲得。3週間後に開催される第3戦アルゼンチンに照準を合わせ調整を開始しました。

チームメイトのジョナスはシーズンオフに、ジュニア選手のトレーニングを行っていたステファン=エバーツとともにトレーニングを行いました。それが実を結び、ここタイでは4-2の総合3位でレースを終えました。その結果ポイントスタンディングスでは3位につけています。

ハーリングスのコメント:
「タフなレースだった。リハビリ開けでバイクに乗り始めてまだ4週間しか経っておらず、コンディションは完璧とは言えない。とくに、この暑さにはまいった。コースもスーパークロス的で難しかった。しかし両レースとも勝つことができ、しかも次戦まで少し時間があるので自宅に帰ることができる。すこし身体を休めてから、次戦に向けトレーニングを開始する」

ジョナスのコメント:
「この2戦、とにかくベストを尽くした。ここタイでは練習走行でファステストラップを記録できたし、ヒートレースでは2位を獲得できた。決勝のスタートはそれほど良くなかったが、第1コーナーで何台かをパスすることができた。良いリズムで走ることができレース1では4位、レース2では2位でフィニッシュ。ここまで良いレースができている。これからもさらに多くの表彰台を獲得したい」

MX2チームマネージャー/ディリク・グルーベルのコメント:
「先週に引き続きハーリングスはすばらしかった。特にここは気温が高く、いっそう難しいコンディションだった。そしてジョナスの活躍は予想以上のものだ。我々の目標は、シーズン半ばまでにTOP5を走る選手に育てることだった。しかし彼はたった2戦で表彰台を獲得してしまった。すばらしいパフォーマンスだ。彼はチームの誇りだ」

次戦/第3戦は3月29日(日)、アルゼンチンで開催されます。

■MXGP/Race1結果
1, Ryan Villopoto
2, Clement Desalle
3, Romein Febvre
4, Maximilian Nagi
5, Tony Cairoli – (KTM)

■MXGP/Race2結果
1, Tony Cairoli – (KTM)
2, Clement Desalle
3, Ryan Villopoto
4, Romein Febvre
5, Kevin Strijbos

■MXGP総合
1, Ryan Villopoto
2, Clement Desalle
3, Tony Cairoli – (KTM)

■MXGPポイントスタンディングス
1, Desalle 88 Point
2. Cairoli – (KTM) 79
3, Nagl 78
4. Villopoto 70
5. Febvre 67

◆MX2/Race1結果
1, Jeffrey Herlings – (KTM)
2, Dylan Ferrandis
3, Tim Gajser
4, Pauls Jonass – (KTM)
5, Thomas Covington

◆MX2/Race2結果
1, Jeffrey Herlings – (KTM)
2, Pauls Jonass – (KTM)
3, Julien Lieber
4, Dylan Ferrandis
5, Thomas Covington

◆MX2総合
1, Jeffrey Herlings – (KTM)
2, Pauls Jonass – (KTM)
3, Dylan Ferrandis
4, Thomas Covington
5, Valentin Guillod

◆MX2ポイントスタンディングス
1, Herlings – (KTM) 100 Point
2, Ferrandis 78
3, Jonass – (KTM) 70
4, Lieber 62
5, Guillod 58

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る