[MFJ]世界への登竜門として発展するアジアタレントカップ

2年目を迎えるShell Advance Asia Talent Cupの日本人ライダー発表会が3月6日(金)に都内で行われ、昨年チャンピオンとなった鳥羽海渡を始め、2年目の参戦となる伊達悠太、國峰啄磨、佐々木歩夢に昨年の10月末に10カ国142名が参加して開かれたセレクションで選ばれた、真崎一輝、小椋藍、山中琉聖、布施海透が登壇。今シーズンの目標や昨年、経験したことなどを、それぞれ語った。

今年も発表会を主催した青木宣篤は「昨年は、日本人ライダーがトップ4を独占しましたが、今年はマレーシア、タイのライダーが速くなってきていますし、うかうかしていられません。昨年、チャンピオンを獲得した鳥羽選手はCEVとルーキーズカップに進みますし、世界へ通じる道として、これからも続いて行くことを臨みます。ここから若い才能が巣立って行くシリーズとして確立して行って欲しいですね」とコメント。

開幕戦は、3月22日にタイ・チャンインターナショナルサーキットでスーパーバイク世界選手権第2戦と併催で行われ、29日にはMotoGP開幕戦カタール併催で第2戦といきなり連戦となるスケジュールで争われる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
  2. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  3. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高…
  4. ヘルメットもネオクラシックに!山城 ニューレトロヘルメットとの魅力とは? 旧車やカフェ…
ページ上部へ戻る