【新車】ホンダ、「VT1300CX ABS」のカラーバリエーションを変更し発売

ホンダは、VT1300CX ABSのカラーバリエーションを変更し、2015年3月13日(金)に発売する。
新たにキャンディープロミネンスレッドが採用され、既存のグラファイトブラックはフレームがブラックからグレーに、ホイールがブラックからブラウンメタリックに変更されている。メーカー希望小売価格は1,404,000円(税込)

以下プレスリリースより

Hondaは、洗練された独自のスタイリングと、鼓動感あふれる水冷・4ストローク・V型2気筒1300ccエンジンを搭載した大型クルーザーモデル「VT1300CX<ABS>」のカラーバリエーションを変更し、3月13日(金)に発売します。

今回、車体色に新採用したキャンディープロミネンスレッドは、フレームをブラックに、前・後のアルミキャストホイールをマットグレーに仕上げ、引き締まったイメージとしています。
継続色のグラファイトブラックは、フレームをブラックからグレーに、前・後のアルミキャストホイールをブラックからブラウンメタリックに変更することで、シックな中にも高級感を演出。なお、タイプ設定を見直し、ABS標準装着タイプのみとしています。
また、メーカー希望小売価格(消費税8%込み)は、従来モデルより64,800円低く設定しました。

VT1300CXは、フレームのハンドル支持部分を従来の位置より高く設定し、フロントホイールをより前方へと配置させることで、フレームとエンジンの間に大きな空間を生み出す「ハイネックスタイル」を実現したクルーザーモデルとなっています。2009年11月に発売して以来、趣味性を重要視するライダーを中心に支持されています。

※ 受注生産車

▼VT1300CX<ABS>(キャンディープロミネンスレッド)

▼VT1300CX<ABS>(グラファイトブラック)

●販売計画台数(国内・年間):100台

●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
1,404,000円(消費税抜き本体価格:1,300,000円)

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る