【新車】ヤマハ、BLUE COREエンジン搭載の新型125ccスクーター「Soul GT」をインドネシアに導入

ヤマハは、次世代エンジンの開発思想”BLUE CORE(ブルーコア)”に基づき開発した高性能小型エンジン搭載の125ccスクーター新製品「Soul GT」(ソウル ジーティー)を2015年3月からインドネシアにする。

以下プレスリリースより

新型「Soul GT」は、2012年から発売し個性的な鋭い眼差しの一眼ヘッドライトで人気の現行「Soul GT」(115cc)のベクトルを受け継ぎながら、“街中での注目度No.1スクーター”をコンセプトに開発。

デザインにさらなる磨きをかけ、排気量も125ccにアップ、”BLUE CORE”エンジンによるパワフルな走り、高い燃費効率と堂々たる車格感を調和させました。製造・販売はインドネシアのグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行います。

主な特徴
1) 最高速度域までの素早い加速性能
2) ゆったりした乗車感と機敏な走行性
3) たくましく力強いボディデザインとこれに調和する幅広タイヤ(Fr:80mm/Rr:100mm)
4) 睨みを利かせた個性的なデザインで当社125ccクラス初のLEDヘッドライト

同モデルの基本骨格やエンジンは、2014年12月から導入の「Mio125」と共通のプラットフォームをベースとしています。また、インドネシア向けの”BLUE CORE”エンジン搭載モデルとしては「Mio125」「NMAX」に続く3機種目となります。当社が進めるプラットフォーム戦略の一翼を担い、同市場での販売拡大に寄与するモデルです。

■名称
「Soul GT」

■発売日
2015年3月

■メーカー希望小売価格
15,100,000ルピア(ジャカルタ店頭小売価格)

■販売計画
27万台(発売から1年間/インドネシア国内)

▼「Soul GT」

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る