[KTM]WMX Rd.1 MX2クラスでハーリングスが完全勝利

2015年2月28日、カタールの首都/ドーハにあるロザイル・レーシング・サーキットで『2015世界モトクロス選手権/第1戦カタール』が開催されました。Red Bull KTMファクトリーチームからは、MXGPクラス(2st250cc以下、4st450cc以下)に#222/Antonio Cairoli(アントニオ=カイローリ)と新たに加わった#100/Tommy Searle(トミー=サール)が350SX-Fで、#9/Ken de Dycker(ケン=デ=デッカー)が 450SX-Fで参戦。またMX2クラス(2st125cc以下、4st250cc以下)には昨シーズンに負った大腿骨骨折から復帰した#84/Jeffrey Herlings(ジェフリー=ハーリングス )と新規加入の#47/Pauls Jonass(ポウルス=ジョナス)が250SX-Fで今シーズンを戦います。

■MX2クラス
レース1で好スタートを切ったハーリングスは、レース序盤トップを走るD・フェランディス(カワサキ)と激しいバトルを展開。その後トップに立つとそのままゴール。レース2でも好スタートを切りますが再びフェランディスが先行。しかし3周目、ハーリングスがフェランディスをかわすとそのままトップを走りきりチェッカー。1-1で総合優勝を獲得しました。

ハーリングスは昨年負った大腿骨骨折により半年間の療養を余儀なくされ、リハビリ期間のあと開幕戦の2週間前にバイクに復帰したばかり。その復帰初戦での勝利。ハーリングスはゴール後に感極まり、チームスタッフと抱き合い感情を爆発させました。今シーズン、新たに加わったジョナスも幸先のよいスタートを切りました。両レースともに好スタートを切り、前半戦はトップ争いも展開。9-4で総合6位となり、次戦での活躍も期待されます。

ハーリングスのコメント:
「本当に驚いた。怪我から復帰したばかりで、体力的にも精神的にも厳しかった。だから勝つことは予想していなかった。今日のことは忘れないだろう。このリズムをキープできれば次週/第2戦も表彰台に上がることができるだろう」

ジョナスのコメント:
「満足している。バイクの仕上がりが素晴らしく両レースともにホールショットを獲得できた。プレシーズンのイタリア選手権ではトップライダーに勝つこともできたが、このトラックは難しく思うように戦うことができなかった。今日のスピードには満足しているが、35分間トップスピードをキープできるよう努力しなければならない」

●MXGPクラス
MXGPクラスを戦うカイローリは3-4の総合4位でフィニッシュ。カイローリは総合3位のG・ポーリン(ホンダ)と同ポイントでしたが、レース2で好成績を収めたポーリンが表彰台に上がることとなりました。チームメイトのデ・デッカーは19-15でフィニッシュ。レース1でクラッシュし、そこから思うようにペースを上げられませんでした。もう一人のチームメイト/サールは土曜日の予選で親指の古傷を悪化させレース1は16位。レース2はその親指が原因でレース途中にリタイヤしました。

カイローリのコメント:
「レース1の3位はまずまずの結果だった。固く、滑りやすいこのコースは好きじゃない。そのなかでポイントを考慮し、転倒しないことを目標にレースを戦った。それは長いシーズンではとても重要だ。体力面でまだベストな状態を造れていない。しかし次週/第2戦タイまでには表彰台に上がれるようトレーニングを重ねる予定だ」

また今シーズン、戦いの場をAMAからMXGPに移しカイローリとの激しいバトルが予想されるライバル/R・ビロポート(カワサキ)についても語りました。ビロポートはアメリカでもっとも成功したライダーのひとり。開幕戦では総合7位でレースを終えています。

「開幕戦の彼は少し苦労していたようだった。しかしそれは、我々がアメリカで戦ったときと同じだ。しかしレースを重ねる毎に順位を上げてくるだろう」

デ・デッカーのコメント:
「ウイークを通して良いフィーリングが得られなかった。レース1のスタートは良かったがクラッシュしハンドルを曲げてしまった。そしてレース2では早々に体力を使い果たしてしまった。メンタルをコントロールできなかったのが原因だ」

サールのコメント:
「プレシーズンのイタリア選手権などでは好調だっただけに、今日の結果には失望している。チームは100%の状態を造ってくれたが、その期待に応えられなかった」

次戦/第2戦は3月8日(日)、タイで開催されます。

◆MX2/Race1結果
1, Jeffrey Herlings – (KTM)
2, Dylan Ferrandis
3, Julien Lieber
4, Tim Gajser
5, Jeremy Seewer

◆MX2/Race2結果
1, Jeffrey Herlings – (KTM)
2, Julien Lieber
3, Aleksandr Tonkov
4, Pauls Jonass – (KTM)
5, Dylan Ferrandis

◆MX2総合
1, Jeffrey Herlings – (KTM)
2, Julien Lieber
3, Dylan Ferrandis
4, Tim Gajser
5, Aleksandr Tonkov
6, Pauls Jonass – (KTM)

◆MX2ポイントスタンディングス
1, Herlings – (KTM) 50 Point
2, Lieber 42
3, Ferrandis 38
4. Gajser 32
5, Tonkov 31
6, Jonass – (KTM) 30

■MXGP/Race1結果
1, Maximilian Nagi
2, Clement Desalle
3, Tony Cairoli – (KTM)
4, Gautier Paulin
5, Jeremy Van Horebeek

■MXGP/Race2結果
1, Maximilian Nagi
2, Clement Desalle
3, Gautier Paulin
4, Tony Cairoli – (KTM)
5, Jeremy Van Horebeek

■MXGP総合
1, Maximilian Nagi
2, Clement Desalle
3, Gautier Paulin
4, Tony Cairoli – (KTM)
5, Jeremy Van Horebeek

■MXGPポイントスタンディングス
1, Nagl 50 Point
2, Desalle 44
3. Paulin 38
4. Cairoli – (KTM) 38
5. Van Horebeek 32

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る