盲点

あるとき、バイクで地下駐車場に入ろうとして順番を待っていると、いきなり前にいる車がバックしてきました。数メートルあった車間がどんどん詰まってきます。反射的に足で地面を蹴って後退しようとしましたが、大型ツアラーだったのでびくともしません。こんなとき、バックギアがないバイクはどうにもならないものです。

一瞬パニックに陥りそうになりましたが、左手でなんとかホーンを探り当てて警笛を1回、2回、3回と鳴らして、やっと気づいたのか止まってくれました。その若い男性ドライバーは振り返って後ろを目視していたのにも関わらず、直後にいるバイクにはなかなか気付くことができなかったのです。これはまさに盲点です。

「盲点」とは網膜に視神経が入ってくる部分のこと。そこだけ視細胞がないため見えないそうです。子供の頃にやったことがあると思いますが、紙に書いた2つの点に片目をつぶって顔を近づけていくと点が消える瞬間があります。それが生理的な盲点ですが、盲点にはもうひとつの意味があります。本来の意味から転じて「気づいて当然なのに見落としていること」の例えとしてよく使われるのはご存じのとおりです。

今回のケースがそのどちらに当たるのかは分かりませんが、いずれにしても人間には盲点があるということ。そのドライバーもこちらに顔を向けているのに、おそらくは知覚として認知できていなかったのでしょう。「心ここに在らざれば視れども見えず」という諺があるように、見ているのに見えていないということは日常の中にもよくあることと思います。春の足音も近いこの頃、あらためて心眼を以て安全運転に努めましょう!

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る