日本損保協会、タレント 北之きいさんを起用した「自賠責保険広報キャンペーン」を実施

一般社団法人日本損害保険協会は、2015年3月1日(日)〜31日(火)までの1か月間、クイズに答えた人の中から抽選で合計110名に「ASUS Androidタブレット」やオリジナル交通安全反射シールをプレゼントする「2015年度自賠責保険広報キャンペーン」を実施している。

また、タレントの北之きいさんを起用し、自賠責保険制度の認知・理解促進を目的として、「加入が義務付けられていること」「被害者保護を目的としていること」「期限切れに対する注意喚起」の3つの訴求ポイントを「わたしは入ってる。だって、運転するから。」というメッセージに託して呼びかけている。

以下公式サイトより

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、交通事故の被害者救済を目的として、法律によって全てのクルマ・バイクに加入が義務付けられている保険です。

この活動は、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)制度の認知・理解促進を目的として、1966年から実施しています。訴求対象は、幅広い年代の男女(原付・二輪車を含めたすべての車両の所有者とその家族)とし、特に自賠責保険の認知度が低い若年層に重点を置きます。

本年度は、「加入が義務付けられていること」「被害者保護を目的としていること」「期限切れに対する注意喚起」の3つの訴求ポイントを、北乃きいさんが「わたしは入ってる。だって、運転するから。」というメッセージに託して呼びかけます。

北乃きいさんが自賠責保険制度を解かり易く解説する特設サイトが開設されています。
http://www.jibaisekihoken-koho.jp/

また、2011年4月1日以降の契約からは、有効年毎に自賠責保険のステッカー(保険標章)の色が変更されております。ステッカーは250cc以下の二輪車・原付のナンバープレートに貼り付けるように定められておりますが、多色化されることにより車検制度のない車輌でも契約更新忘れを識別しやすくなっております。自賠責保険ステッカーの色を確認してみてください。

自賠責保険に加入していない車両が起こした無保険事故の場合、被害者は自賠責保険による補償を受けることができません。この機会に自賠責保険制度を再確認して頂き、加入漏れ・契約更新忘れの無いようお願い致します。特に、250cc以下のバイク乗っている方は、期限までに更新しましょう。

二輪車業界でも各メーカー・販売店を通じて、いま一度注意喚起を呼びかけていきます。

キャンペーン概要

■期間
2015年3月1日(日)〜3月31日(火)まで

■キャンペーン内容
クイズにご応募いただき、正解された方の中から抽選で10名様に「タブレット ASUS MeMO Pad7 ME176C」、さらに抽選に外れた方の中から100名様に「オリジナル交通安全用反射シール」をプレゼントします。

■応募方法
キャンペーンサイト内「クイズに答えて応募する」からご応募ください。郵便ハガキでご応募いただく場合は、ハガキにクイズの答え(漢字3文字)をご記入のうえ、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、キャンペーンを知ったきっかけを必ず明記のうえ、次の宛先までお送りください。

〒105-8691 日本郵便芝支店 私書箱39号「自賠責保険クイズ」係

■抽選・発表に関して
正解者の中から厳正な抽選を行い、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。抽選結果へのお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  2. 【PR】 スポーツもツーリングも一足でこなす万能タイプ 【ビッグマシン・ゼロ…
  3. 【PR】 上位機種は通話に乗せて音楽やナビ音声まで共有 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  4. 幅広いユーザーに人気のタクトがガス規制対応! Hondaは、50cc原付スクーター「タクト…
ページ上部へ戻る