【新車】ホンダ、軽二輪スポーツモデル「CRF250L」「CRF250M」のカラーリングを変更し発売

ホンダは、水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンを搭載したオン・オフロードモデル「CRF250L」と、スーパーモタード ※1 スタイルの「CRF250M」のカラーリングを変更し、それぞれ2015年2月13日(金)に発売する。車体色は「CRF250L」「CRF250M」共にエクストリームレッドとブラックの2種類。

以下プレスリリースより

CRF250Lの車体色
オフロードイメージをさらに高めたエクストリームレッドと、ストリートで映えるブラックの2種類としています。エクストリームレッドは、2015年型モデルのモトクロスマシン「CRF450R」「CRF250R」を彷彿とさせるストライプをシュラウドに採用。ブラックは、フロントフォークのアウターチューブと前・後のホイールリムにもブラックを施しています。

CRF250Mの車体色
エクストリームレッドとブラックの2種類を設定。ともに、シュラウドとサイドカバーにスピード感あふれるストライプを採用しています。それぞれに、フレームとフロントフォークのアウターチューブ、そして前・後のホイールリムをブラックとすることで、躍動感にあふれ、ストリートで一段と映える外観としています。

CRF250L
ビギナーからベテランまで幅広い層のお客様が楽しく扱えるよう、トータルバランスと操縦安定性を徹底的に追求したオン・オフロードモデルとして、2012年5月に発売を開始しました。

CRF250M
CRF250Lをベースに、前・後輪に17インチのオンロードタイヤを装着。フロントブレーキに大径のフローティングタイプのディスクローターを採用するとともに、リアサスペンションのセッティングを変更し、オンロードでの操縦安定性を追求したモデルとして、2013年4月に発売を開始しました。

※1 スーパーモタードは、ヨーロッパを中心に人気のある競技で、オフロードモデルに小径ホイールとオンロードタイヤを装着し、舗装路とダートが混在するコースでスピードを競うレースです

■名称
・CRF250L
・CRF250M

■発売日
2015年2月13日(金)

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
・CRF250L
 エクストリームレッド / 462,240円(消費税抜き本体価格 428,000円)
 ブラック / 473,040円(消費税抜き本体価格 438,000円)
 
・CRF250M
 503,280円(消費税抜き本体価格 466,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

■カラー
・エクストリームレッド
・ブラック

■販売計画台数(国内・年間)
2,300台

▼CRF250L/エクストリームレッド

▼CRF250L/ブラック

▼エクストリームレッド

▼CRF250M/ブラック

主要諸元

通称名 CRF250L CRF250M
車名・型式 ホンダ・JBK-MD38
全長×全幅×全高(mm) 2,195×815×1,195 2,125×815×1,150
軸距(mm) 1,445
最低地上高(mm) 255 225
シート高(mm) 875 855
車両重量(kg) 143 145
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.3
エンジン型式・種類 MD38E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 単気筒
総排気量(cm3 249
内径×行程(mm) 76.0×55.0
圧縮比 10.7
最高出力(kW[PS]/rpm) 17[23]/8,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 22[2.2]/7,000
燃料消費率 ※2 (km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値
44.3(60km/h定地走行テスト値)
<2名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)
32.5(クラス2-2) ※3
<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 7.7
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1  速 3.333
2  速 2.117
3  速 1.571
4  速 1.304
5  速 1.115
6  速 0.962
減速比(1次/2次) 2.807/2.857 2.807/2.785
キャスター角(度)/トレール量(mm) 27°35´/113 25°45´/71
タイヤ 3.00-21 51P 110/70-17M/C 54S
120/80-18M/C 62P 130/70-17M/C 62S
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立タイプ)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 セミダブルクレードル

※2 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※3 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます
※製造事業者/Thai Honda Manufacturing Co., Ltd. 製造国/タイ 輸入事業者/本田技研工業株式会社

■お客様からのお問い合わせ
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機は、水冷・直列2気筒530cm3エンジンを搭載するオートマチックスポーツコミュー…
  2. 【ホンダ CB1000R】ディテール&試乗インプレッション 2008年に欧州向けに発売され…
  3. SHOEIは、コンパクト&ライトウェイト、エッジの効いたフォルムは高い空力性能を発揮し、涼し…
  4. お尻の下にもう一つのサスペンション♪ウェビックTVでも以前ご紹介したポジドライブの「バイク座…
ページ上部へ戻る