バイクに若者が戻ってきた

先日、ヤマハのニュースレターに興味深い記事が載っていました。
国内二輪の新車購入者の平均年齢は今や約51歳。このうち29歳以下の若者は50cc以下の原付一種を合わせてもおよそ9%しか存在せず、1980年代のバイクブーム世代が現在もまだ需要の中心となり続けていましたが、ここにきてその状況が変わりつつあるようなのです。

同社が昨年末に発売した新型250ccスポーツ「YZF-R25」の初期購入者を調べたところ、平均年齢は30代前半、その45%は29歳以下の若者で、そのうち約半数はファーストバイクとして購入した新規参入層というデータが出たそうです。

身近なところでは、定期的に開催している「Webikeみんなのスクール」に参加されるライダー層にも変化が表れています。かつては、ほとんどが40代から50代の大型バイクに乗るリターンライダーで占められていましたが、昨年あたりから30歳前後の層が明らかに増えてきました。そして、彼らの多くは250ccクラスに乗っています。昔は限定解除という制度があったため、一足飛びに大型バイクとはいかなかったわけで、半ば強制的に250cc〜400ccからスタートする場合が多かったのですが、今またエントリーモデルから徐々に段階を踏む、つまりバイクとの付き合い方の理想的な姿へと回帰しようとしているようにも思えます。これは歓迎すべきことでしょう。

ただ、かつてのバイクブームが生んだ功罪として、交通事故の増加という問題もありました。灯りかけた細やかな火を消さないためにも、バイクの楽しさと同時に安全の大切さを伝えていくことが求められています。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆ヤマハ、若年層で高まるオートバイへの関心を「YZF-R25」の購入者分析で確信

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

           

20210413_wms_magazine_1280_160.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る