【新車】MV AGUSTA、3気筒モデル「F3 675/800」にARROW製マフラーを装着した2015年モデルが登場

MVアグスタは、進化を続ける3気筒モデル「F3 675/800」の2015年モデルを発表した。フェアリング及びフレームカラーの変更やARROW製NEWカーボンサイレンサーを装着し、ライトウェイトスポーツモデルの魅力をより一段とアップさせた仕上がりになっている。発売は2015年3月。

以下プレスリリースよりより

MVアグスタのライトウェイトスポーツモデル「F3」シリーズは、デビュー当時からすでに「究極の完成度」と、世界中のエンスージャストから称賛されてきました。しかしMVアグスタは、さらにこの「F3」シリーズを進化させて2015年モデルを完成させました。フェアリングやフレームカラーの変更、LEDテールランプの採用、さらにARROW製NEWカーボンサイレンサーを装着し、このライトウェイトスポーツモデルの魅力を一段とアップさせています。

■名称
F3 675 MY2015

■希望小売価格(消費税込)
EAS/ABS装着 1,706,400円

■発売予定日
2015年3月

■カラー
レッド/アゴシルバー
パールホワイト
マットアビオグレー

F3 675 MY2015
革新的な存在であるMVアグスタF3 675は、ストリートやサーキットにおいて極上のスリルを提供します。個性的な並列3気筒エンジンはさまざまな資質を備えていますが、中でもMotoGPマシンにも採用される画期的な逆回転クランクシャフトと、超軽量コンパクトなレイアウトが、F3 675を乗りやすく洗練されたスーパースポーツにしている大事な要素です。F3 675のパワーユニットを見れば、これまでのミドルクラスのエンジンと比較して、より先進的でよりパワフルだとすぐに分かるでしょう。先進の機械工学、極めて高度な材料と前衛的なエレクトロニクスを完璧に組み合わせた、コンパクトな並列3気筒エンジンです。そしてMVICSシステムが、中間排気量クラスとしては初めてのフル・ライド・バイ・ワイヤ、4つのエンジンモード切替、そして8段階のトラクションコントロールの搭載を可能にしました。

▼F3 675MY2015 レッド/アゴシルバー


※画像は海外仕様です。

▼F3 675MY2015 パールホワイト


※画像は海外仕様です。

▼F3 675MY2015 マットアビオグレー


※画像は海外仕様です。

▼F3 675MY2015 日本仕様 ARROW製NEWカーボンサイレンサー装着

F3 800 MY2015
1000ccクラスの高揚感、600ccクラスの軽快感。そして2気筒エンジンのトルク、4気筒エンジンの加速力……。イタリア製3気筒エンジンを搭載するMVアグスタF3 800は、そのすべてを併せ持ち、クラスの垣根を越えたライディングプレジャーを提供します。優れたハンドリング、先進の電子デバイス、そして48hpのパワーと88Nmのトルク(※本国仕様)を発生させる798ccエンジン。それを73kgの軽量な車体に搭載し、リッタークラスのスポーツバイクをも凌駕するパワーウエイトレシオを達成。イタリアンテクノロジーの真髄が注ぎ込まれたパワーユニットと、高いポテンシャルを備えたシャシー。その完璧なバランスが、ミドルクラススーパースポーツの概念を、スーパーバイクレプリカにも引けをとらないレベルにまで高めています。MVアグスタF3 800は、その類いまれなパフォーマンスで、ストリートでもサーキットでも、新たな次元の悦びを提供します。2015年モデルでは新たにLEDテールランプの採用、フェアリングとフレームのカラーチェンジを行い、さらに魅力がアップしました。また日本国内仕様はARROW製NEWカーボンサイレンサーを装着します。

■名称
F3 800 MY2015

■希望小売価格(消費税込)
EAS/ABS装着 1,890,000円

■発売予定日
2015年3月

■カラー
レッド/アゴシルバー
パールアイスホワイト/アビオグレイ
マットメタリックセナブラック

▼F3 800 MY2015 レッド/アゴシルバー


※画像は海外仕様です。

▼F3 800 MY2015 パールアイスホワイト/アビオグレイ


※画像は海外仕様です。

▼F3 800 MY2015 マットメタリックセナブラック


※画像は海外仕様です。

▼F3 800 MY2015 日本仕様 ARROW製NEWカーボンサイレンサー装着

ARROW製NEWカーボンサイレンサー

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る