軽量コンパクトな単気筒スポーツ「ニンジャ250SL」が登場!

カワサキが新型シングルスポーツ「ニンジャ250SL」を発表、4月15日(水)から発売する予定だ。SLはスーパーライトの略で水冷単気筒エンジンを搭載し、2気筒ニンジャ250に比べて20kg以上の軽量化が図られているのが特徴。価格も2気筒ニンジャ250(55万3500円)より10万円近く低い45万9000円に設定されるなど魅力的なプライスとなっている。

ニンジャ250SLに搭載された水冷4スト単気筒DOHC249ccエンジンは中速域での力強いトルクと高回転域での鋭いレスポンス、伸びのある加速&爽快なサウンド、ピーク以降での穏やかなオーバーレブ特性が持ち味。軽量ピストン&コンロッドを用いて慣性モーメントを抑え、優れたピックアップ特性によりスロットルを開ける楽しさも具現化。6速トランスミッションにより、幅広いシチュエーションにおいてエンジン特性のメリットを発揮する。

また、シャーシには新設計のトレリスフレームを導入。メインフレームには高張力鋼を用い、異なるパイプ径で構成することで剛性バランスの最適化。アンダーボーンを持たない軽量コンパクトなシャーシを武器に高次元のスポーツ性能も実現した。

デザイン面ではNinjaシリーズ伝統のフルフェアリングボディを採用。スリムかつダイナミックでエッジの効いたラインが、現代的でスタイリッシュな印象を強調している。アグレッシブで軽快感のある一灯式ヘッドライトが単気筒デザインを想起させるとともに、シャープなウインドスクリーンとニンジャ250同デザインのホイールがスーパースポーツらしさを演出している。

足回りはφ37mmのテレスコピック式フロントフォークとカワサキ十八番のユニトラックリヤサスペンション(5段階プリロード調整付)を装備。リヤホイールはNinja 250に比べバネ下重量を約500g軽量化、タイヤもワンサイズ細めのフロント100/リヤ130サイズを採用するなど軽快でスポーティなハンドリングに貢献。前後に装備されたペタルディスクブレーキは安定した制動力を発揮する。

最高出力も21kW(29PS)/9,700rpm とニンジャ250の23kW(31PS)/11,000rpmに迫る数値であり、加えて20kgの重量差や80mmも短い1,330mmのホイールベースなどのスペックからも、軽量コンパクトを武器に2気筒ニンジャに迫る走りをしそう。ライトウエイトシングルスポーツの楽しさを再発見できそうなモデルだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆【新車】カワサキ、水冷単気筒モデル「Ninja250SL」国内販売開始!

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
  2. ヤマハ発動機販売は、需要の創出や二輪市場活性化を目指し、より多くの人にツーリングの楽しみを提…
  3. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  4. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
ページ上部へ戻る