【新製品】ナイトロンからMT-07、MT-09用リアショックアブソーバーが発売

ナイトロンジャパンはヤマハの最新3気筒モデルMT-07(14年モデル)のリアショックアブソーバーの販売を2015年1月28日(水)より開始した。ライダーのニーズに合わせてRACE Series/TRACK Series/SPORT Seriesの3種からセレクトでき、RACE/TRACK は油圧式プリロードアジャスター(HPA)を標準で装備している。(SPORT はオプション)また、MT-09用リアショックアブソーバーも併せて発売中だ。

以下プレスリリースより

■名称
リアショックアブソーバー

■適合機種
YAMAHA MT-07(’14-)
YAMAHA MT-09(’14-)

■仕様/販売価格
YAMAHA MT-07(’14-)、MT-09(’14-)共通

・RACE Series
 標準価格 181,000円 ( 税込195,480円)
 3way ダンピングアジャスター搭載/ 別体リザーバタンクモデル
 油圧式プリロードアジャスター・専用ブラケット標準装備モデル
 
・TRACK Series
 標準価格 171,000円 ( 税込184,680円)
 2way ダンピングアジャスター搭載/ 別体リザーバタンクモデル
 油圧式プリロードアジャスター・専用ブラケット標準装備モデル
 
・SPORT Series
 標準価格 95,000円 ( 税込102,600円)
 1way ダンピングアジャスター搭載/ 内蔵リザーバタンクモデル
 油圧式プリロードアジャスターはオプション(30,000円 税別)となります。

タイプ詳細

▼RACE Series
コンプレッションに2WAY(低速・高速)とリバウンドに1WAY。合わせて3WAYのダンパーアジャストシステムを標準装備。 2WAYのコンプレッションアジャスターは荷重の掛かりづらい低速域でのトラクションと大きな荷重が掛かる高速域で 安定感を両立することを可能とし、ストリート〜レースユースまであらゆる用途・レベルのライダーの細かい要求に応える。 さらに、これら3WAYのアジャスターはナイトロン独自のシステムで他のアジャスター領域に影響を与えない 完全独立システムを採用し精密で幅広い調整が可能。車高調整用のアジャスターも全モデルに標準装備。(一部車種を除く) ダンパー、スプリング、車高とショックに必要なアジャストシステムをフル装備するナイトロンの最上級モデル。

▼TRACK Series
最上級モデル・RACEシリーズのハイスペックを受け継ぐナイトロンのミドルレンジモデル。 コンプレッションに1WAY、リバウンドに1WAY。合わせて2WAYのダンパーアジャストシステムを標準装備。RACEシリーズと同様に幅広いダンパーアジャストシステムでストリート〜スポーツ走行まで、 ライダーの要求に応じたアジャストが可能。 (基本構成は、RACEシリーズと同様、コンプレッションアジャスターのみが異なります。)

▼RACE Series
リザーバータンクを本体に内蔵した、ナイトロンが考えるベーシックショックアブソーバー。 ダンパーアジャストシステムは、コンプレッションとリバウンドの両効き1WAYアジャスターと シンプルでありながら幅広い調整が可能。オイル・ガスをフリーピストンにより完全に分離。 ダンピング性能を長時間維持することが可能。ボディーやロッドなどは RACE/TRACKシリーズと同じ材質を使用し、精度も同様に管理。 車高調整機構も一部を除き標準装備させ、シンプルな構成でありながらも ナイトロンの理念は貫き通されるストリート/ツーリングユース向けのショックアブソーバー。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る