【新車】ヤマハ、新開発水冷BLUE COREエンジンを搭載した「NMAX」を発売 インドネシアへ導入

ヤマハ発動機は、2000年末から欧州を中心に展開し好評を博しているスクーターブランドの“MAXシリーズ”テイストのボディに、BLUE CORE思想に基づく新開発の155cc水冷エンジンを搭載したスポーティスクーターの新製品「NMAX(エヌマックス)」を2015年2月からインドネシアに導入する。

以下プレスリリースより

製造はインドネシアのグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行い、当社中期経営計画(2013年〜2015年)の“事業規模拡大”を担うグローバルモデルとして、インドネシア国内だけでなく、アセアン・先進国市場など世界各国での販売も視野に入れています。

排気量530ccのTMAXを筆頭に、400cc、250cc、125ccのXMAXなどをラインナップするMAXシリーズのニューフェイスとなる「NMAX」は、シリーズのDNAを受け継ぐスポーティな走りとスタイリング、および実用性を調和させ“Global Prestige City Commuter”のコンセプトのもとで開発しました。

主な特徴
1)“BLUE CORE”思想に基づき開発したVVA※搭載の新型水冷エンジン
2)スポーティで俊敏な走りを支える軽量・高剛性の新フレーム
3)自然なハンドリングに寄与する専用開発の13インチタイヤ
4)スポーティな走行性能を支えるABS(当社アセアン向けスクーター初)
5)MAXシリーズを感じさせる独創的なスタイリングデザイン。

※ VVA;可変バルブシステム(Variable Valve Actuation)

■名称
「NMAX」

■発売日
2015年2月

■カラー
・NMAX_グレー
・NMAX_レッド
・NMAX_ブラック

■メーカー希望小売価格
2,740万ルピア(ジャカルタ店頭小売価格)

■販売計画
12,000台(発売から1年間/インドネシア国内)

▼NMAX_グレー

▼NMAX_レッド

▼NMAX_ブラック

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る