ABSと本田宗一郎

先週のトピックスでも触れましたが、2016年より2輪用ABS/CBSが義務化されました。ABSについては以前からバイクの安全性向上のために最も効果的な手段と言われてきましたが、ここにきてようやくといった感じです。

思えばかつて最速マシンが力技で300km/hを目指した前世紀末には、まだABS付きのバイクなど皆無に近いと言ってもいいほどでした。もちろん、トラコンやパワーモードもありません。それを考えると、ずいぶんと野蛮な時代だった気もしますね(笑)。

私の知っている限り、ホンダのスポーツツアラー「ST1100」に初めて2輪用ABSが搭載されたのが92年、世界初のふれ込みで「CBR1000F」に機械式の前後連動ブレーキ(D-CBS)が搭載されたのが93年のことです。また、BMWは93年以降、すべてのラインナップにABSを搭載しています。パワーや運動性能では各社とも鎬を削ってきましたが、ことABS/CBSに関してはメーカーによって温度差があったのかもしれません。

興味ついでにABSの歴史について調べてみたところ、59年にホンダの創業者、本田宗一郎によって2輪用ABSのパテントが出願されていたそうです。ホンダがまだ4輪さえ作っていなかった頃のこと、その先見性にはあらためて驚かされます。すべてのライダーにより安全なバイクを、という願いが半世紀を超えて実現するわけですね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る