【新製品】ミッドランドからモバイルバッテリー「ENERJUMP」が発売

インカムやウェアラブルビデオカメラを開発・販売するミッドランドから、バッテリーあがりの際にエンジン始動を補助するモバイルバッテリー「ENERJUMP」が発売された。満充電の状態で車両のスタート10回分に対応する。また、USB機器の充電にも対応。スマートフォンでは約4〜5回分の充電が可能となる。電池の容量がからになるまでの時間は6〜12ヶ月。

以下公式サイトより

ジャンプスターター機能付 大容量バッテリー「ENERJUMP」

■商品名
ENERJUMP

■品番
C1184

■希望小売価格(本体価格)
12,000円

■特徴
・手のひらサイズのバッテリーブースター。セットで持ち運んでも車体収納スペースに収まるサイズ。
・車や大型バイクに対応。(DC12V専用)緊急時のエンジン始動ができます。
・USBケーブルが接続できるポートを用意。タブレット端末に対応した出力2A。
・高輝度LEDを内蔵。作業灯としても使用可能。
・バッテリー残量をLEDでお知らせ。

■仕様
・Model/ENERJUMP
・電池容量/8000mAh
・チャージ時間/約3時間
・ジャンプスタート機能/○(DC12V専用)
・USB充電機能/モバイルバッテリー対応
・LEDライト/○(点灯/ストロボ/SOS点滅)
・ジャンプスタート出力電圧/12V
・スタート電流/200A
・ピーク電流/400A
・USB出力電圧/5V 2A
・動作保障温度/-10°〜60°
・サイズ/131×75×25mm
・重さ/300g

■付属品
・本体
・本体充電アダプター
・USB充電用ケーブル
・シガーソケット用充電ケーブル
・ジャンプスタートケーブル
・トラベルポーチ
・取扱説明書

【注意事項】
※本製品は予告なく仕様を変更する場合があります。予めご了承ください。
※12V鉛バッテリー以外に使用しないでください。
※高温、多湿、ホコリが多い場所での保管は避け、常温で清潔な場所に保管してください。
※本製品は分解をしないでください。発熱、発火、感電、火災の恐れがあります。また、分解、改造をした場合は、保証の対象外となります。
※本製品は防水仕様ではありません。雨の中での作業や湿度の高い所でのご使用は避けてください。
※ブースターケーブルを接続する際は、プラスマイナスの接続を間違えないでください。逆に接続すると車体側を破損させてしまいます。予めご了承ください。
※ジャンプスタート時、車のエンジンを3回程度始動してもエンジンがかからない場合は、車載バッテリーの過放電、車の故障または、本体が壊れている可能性がありますので使用を中止してください。
※車載バッテリーを外し、本製品のみでエンジンを始動できません。
※放電した車載バッテリーを補助するものであり、極度に劣化または、過放電したバッテリーには使用できません。

▼Midland Enerjump

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る