[KTM]Dakar Rally 2015 Stage13 コマが自身5度目のダカール総合優勝を決める

KTMのエースライダー/マルク=コマが自身 5度目のダカール優勝をStage13で決めた。そしてKTM Factory Racingチームも14度目の勝利を飾った。P・ゴンサルベス(ホンダ)が総合2位、KTMルーキーのトビー=プライスが総合3位でフィニッシュする結果となった。

以下プレスリリースより

ゴール地点のブエノスアイレスに向かう第13ステージ。コマは、総合2位のゴンサルベスに約17分のアドバンテージを持ってスタートしましたが、スタート後に降った豪雨によりステージの危険度が増したため、CP2時点でレース終了が宣言。その時点でコマの総合トップは変わらず、コマの勝利が宣言されました。これによりダカール通算5勝を勝ち取ったコマは、かつてチームメイトだったシリル=デプレ(今大会はプジョーのドライバーとして参戦)のダカール勝利数と並びました。同時にこの10年間ダカールは、コマとデプレ、そしてKTMが支配したことになります。

コマはこのダカールでも、今までと変わらぬ情熱と細心の注意を払いながらレースに取り組み、ステージ優勝1回、TOP3フィニッシュ6回という安定した速さと強さを発揮しました。なによりコマが強さを発揮したのは、後半戦に2回設定されたマラソンステージでした。コマはレースを完璧にマネージメントし、タイヤとエンジンをいたわりながら、同時にその速さを見せつけました。スタート直前に降った雨により湖と化したウユニ塩湖では多くのライダーが冷却系や電気系にトラブルを抱えレースから離脱しました。コマもトラブルを抱えましたが、そこでもラリーにおける豊富な経験と優れたライディングスキルによって、好リザルトをキープしたまま、マシンをその日のゴール地点まで走らせたのです。

コマのコメント:
「とても光栄だ。いつも通り、ダカールは難しかった。第2ステージでトラブルを抱え、予想外に総合での順位を落としてしまった。そこで戦略を少し変更し、そのタイムロスをリカバリーしなければならなかった。また我々はマラソンステージがレースの伴になると確信していた。

バレダやゴンサルベスなど、ライバルたちのレベルが非常に高く、彼らを相手に勝利できたことは大きな価値となる。このチームと一緒に戦えて本当に良かった。この5回目の勝利は、皆で勝ち取ったものだ」

今年のダカールは、KTMファクトリーライダーとサポートライダーにとって、さまざまな喜怒哀楽が見られたレースとなりました。ファクトリーライダー/サム=サンダーランドは初日にステージ優勝を飾りますが、翌日の第2ステージではナビゲーションミスで72位フィニッシュ。そして第4ステージで激しくクラッシュしたサンダーランドは肩を痛め、そこでリタイヤとなりました。

またKTMがサポートする2人の若いライダーも光りました。オーストリア人ライダーのマティアス=ウォークナーと、オーストラリア人ライダーのトビー=プライスです。ふたりは10月に行われたモロッコラリーで国際ラリーに初参戦。ラリー特有のロードブックスタイルのナビゲーションも、そこで初体験しました。

そんななかまず注目を集めたのはウォークナーでした。第1&第2ステージで8位&6位という好リザルトを残し、第3ステージではステージ優勝を飾ったのです。しかしスタート直後から高山病や胃痛などの体調不良を抱えていたウォークナーは体調が回復せず第10ステージでリタイヤ。ラリー経験は僅かながら高い適応力とライディングスキルを発揮していただけに非常に残念でした。

もう一人のルーキー/トビー=プライスは、オーストラリアのデザートレース/Finke Desert classicを4度制したデザートスペシャリスト。スタート当初、ナビゲーションに苦労したそうですが、最終ステージをスタートした時点で8度のTOP5フィニッシュと1度のステージ優勝を飾るほどの実力を身につけていました。そして2015年のダカールを総合3位でフィニッシュしました。

ファクトリーライダーのルーベン=ファリアは総合6位でフィニッシュ。ダカールの6週間前、テスト中のクラッシュにより鎖骨を骨折。体調が万全でないなかで好リザルトを残しました。そのチームメイト/ジョルディ=ビランドムスは第8ステージでリタイヤ。第7ステージまで総合15位に位置していましたが、第8ステージのウユニ塩湖走行後、マシントラブルを抱えたコマをサポートした後、自身もマシントラブルが発覚。同じくトラブルを抱えていたKTMサポートライダーの#20Riaan Van Niekerk(リアン=ファン=ニーケルク)とともにリタイヤとなりました。

短縮された最終ステージでは、3人のKTMライダーが表彰台を独占しました。優勝を果たしたのは#21Ivan Jakes(イワン=ジェイクス)、2位は同じくスロバキア人ライダーの#19Stefan Svitko(ステファン=ソヴィッツコ)、そしてトビー=プライスが続きました。

2015年のダカールは168人のライダーがエントリーし、そのなかで完走を果たしたのは78名。そんななか7人のKTMライダーがTOP10内でフィニッシュを果たし、幕を閉じました。

■ダカールラリー2015/第13ステージ
Rosario 〜 Buenos Aires
Please note: Final stage was halted at CP2 because of heavy rain
deemed by organizers to make the surface too slippery and dangerous
to continue the stage
1, Jakes, KTM at 52.06
2, Svitko, KTM at 00.45
3, Price, KTM at 1.07
4, Goncalves, 1.15
5, Coma, KTM, at 3.11
6, Vogels, KTM at 3:36
7, Frans Verhoeven, NDL, Yamaha at 4.35
8, Qunitanilla KTM, at 4.52
9, De Soultrait, FRA, Yamaha at 5.54
10, Lila Sanz, ESP, Honda at 7.55
Other KTM
12, Casteu, KTM at 8.16
15, Ceci, KTM at 9.51
16, Faria, KTM at 9.22

■ダカールラリー2015/総合結果
1, Marc Coma, ESP, KTM at 46.03.49
(5th Dakar title for Coma; 14th for KTM)
2, Paolo Goncalves, POR Honda at 16.53
3, Toby Price, AUS, KTM at 23.14
4, Pablo Qunitanilla, CHI, KTM at 38.38
5, Stefan Svitko, SVK, KTM at 44.17
6, Ruben Faria, POR, KTM at 1:57.50
7, David Casteu, FRA, KTM at 2:00.14
8, Ivan Jakes, SVK, KTM at 2:18.18
Other KTM
11, Hans Vogels, NDL, KTM, at 3:31.50
14, Paolo Ceci, ITA, KTM at 4:58.14
18, Jakub Przygonski, POL, KTM 6:21.12

●スタート/1月4日(日) 〜 休息日/1月10日(土) 〜 ゴール/1月17日(土)
1月04日 – Stage 1:
ブエノスアイレス 〜 ビージャ・カルロス・パス- 175km special (838km)
1月05日 – Stage 2:
ビージャ・カルロス・パス 〜 サンファン – 518km special (625km)
1月06日 – Stage 3:
サンファン 〜 チレシト – 220km special (657km)
1月07日 – Stage 4:
チレシト 〜 コピアポ – 315km special (909km)
1月08日 – Stage 5:
コレアポ 〜 アントファガスタ – 458km special (697km)
1月09日 – Stage 6:
アントファガスタ 〜 イキケ – 319km special (688km)
1月10日 – 休息日 イキケ/IQUIQUE
1月11日 – Stage 7/マラソンステージ:
イキケ 〜 ウユニ – 321km special (717km)
1月12日 – Stage 8/マラソンステージ:
ウユニ 〜 イキケ – 781km special (805km)
1月13日 – Stage 9:
イキケ 〜 カラマ – 451km special (539km)
1月14日 – Stage 10/マラソンステージ:
カラマ 〜 371km special (891km)
1月15日 – Stage 11/マラソンステージ:
〜 テルマス・デ・リオ・オンド – 351km special (512km)
1月16日 – Stage 12:
テルマス・デ・リオ・オンド 〜 ロサリオ – 298km special (1024km)
1月17日 – Stage 13:
ロサリオ 〜 ブエノスアイレス -174km special (393km)

Total Timed: 4,752km
Total: 9,295km

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る