最近の“バイク”はやはり危ない

昨年末あたりから、自転車に乗り始めました。冬は特にインドアでこもりがちなこともあって、最近運動不足ぎみだなーと思っていたところ、知人に自転車トレーニングを勧められ、その気に。

いつも乗っているような100馬力を軽く超えるモーターサイクルと違ってエンジンは己の足。最高出力は1馬力にも満たないですし、しかも車種的にもカッコいいロードレーサーではなくママチャリに毛が生えたような代物なので、それはもう遅いのなんのって・・・・・・。

無謀にも幹線道路を走っていると、クルマやスクーターや他のバイク(自転車も最近はバイクと呼ぶそうでちょっと紛らわしい)が凄い速度差で追い抜いていきます。バックミラーもないので後方確認もできないし、テールランプみたいなチカチカは付けていても、ちゃんと“見られているか”夜などは本当に恐怖です。他の交通の流れに乗れない、同じペースで走れないことの危うさを、身をもって体験した瞬間でした。立場が変われば見方が変わるよい例ですね。

自転車は道交法では軽車両となるため、原則的にはクルマなどと一緒に車道を走ることになっています。でも現実的にはやはり危ない。都もオリンピックに向けて自転車道の整備を進めるようですが、ぜひクルマやバイクとバイク(自転車)が共存できる道を作っていただきたいものですね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る