最近の“バイク”はやはり危ない

昨年末あたりから、自転車に乗り始めました。冬は特にインドアでこもりがちなこともあって、最近運動不足ぎみだなーと思っていたところ、知人に自転車トレーニングを勧められ、その気に。

いつも乗っているような100馬力を軽く超えるモーターサイクルと違ってエンジンは己の足。最高出力は1馬力にも満たないですし、しかも車種的にもカッコいいロードレーサーではなくママチャリに毛が生えたような代物なので、それはもう遅いのなんのって・・・・・・。

無謀にも幹線道路を走っていると、クルマやスクーターや他のバイク(自転車も最近はバイクと呼ぶそうでちょっと紛らわしい)が凄い速度差で追い抜いていきます。バックミラーもないので後方確認もできないし、テールランプみたいなチカチカは付けていても、ちゃんと“見られているか”夜などは本当に恐怖です。他の交通の流れに乗れない、同じペースで走れないことの危うさを、身をもって体験した瞬間でした。立場が変われば見方が変わるよい例ですね。

自転車は道交法では軽車両となるため、原則的にはクルマなどと一緒に車道を走ることになっています。でも現実的にはやはり危ない。都もオリンピックに向けて自転車道の整備を進めるようですが、ぜひクルマやバイクとバイク(自転車)が共存できる道を作っていただきたいものですね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る