【新車】ホンダ、新型50ccスクーター「タクト」を発売

Hondaは、取り回しやすい車体サイズに、力強い出力特性と優れた燃費性能を両立した水冷・4ストロークエンジンを搭載した新型50ccスクーター「タクト」と、低シート高タイプの「タクト・ベーシック」を、それぞれ1月23日(金)に発売する。

以下ニュースリリースより

タクトの開発にあたっては、幅広い層のお客様が手軽に扱え、力強く燃費性能に優れたエンジン搭載による高い機動性と経済性を備えた「ニュースタンダードスクーター」を目指しました。

スタイリングは、「安心感」をテーマに、シンプルかつ落ち着いたフォルムとしています。張りのある大きな曲面を基調に、厚みのある立体的なデザインによって、親しみやすいイメージを持たせました。

エンジンは、50ccスクーター「Dunk(ダンク)」用に新開発した水冷・4ストローク・OHC・単気筒50ccの「eSP(イーエスピー)」※1を搭載。燃費性能は、50ccスクータークラスで最も優れた※280km/L※3(30km/h定地走行テスト値)を実現しています。

バリエーションは、タクトと、タクトをベースに15mm低いシート高による良好な足着き性を確保し、よりお求めやすい価格を実現したタクト・ベーシックの2タイプを設定することで、幅広い層のお客様の好みに応えられるものとしています。

※1 enhanced(強化された、価値を高める)Smart(洗練された、精密で高感度な)Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です
※2 Honda調べ。2015年1月16日現在
※3 国土交通省届出値

●販売計画台数(国内・年間):45,000台

●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
タクト:172,800円(消費税抜き本体価格 160,000円)
タクト・ベーシック:159,840円(消費税抜き本体価格 148,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません
※お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。

=タクトシリーズの主な特長=

●スタイリング
幅広い層のお客様が安心感を抱くことができるように、張りのある美しい曲面で構成し、取り回しやすいコンパクトなイメージと、安定感のあるフォルムを実現しています。
フロントビューは、丸みを帯びたヘッドライトにウインカーをビルトインすることで、すっきりとした印象を与えています。また、可動式の深い形状のフロントフェンダーによって、落ち着きのあるスタイリングとしています。カラーバリエーションは、タクトに3種類、タクト・ベーシックに4種類を設定しています。

◎タクト
・キャンディーノーブルレッド

・パールジャスミンホワイト

・ポセイドンブラックメタリック

◎タクト・ベーシック
・デリケートブルーメタリック

・マホガニーブラウンメタリック

・フォースシルバーメタリック

・ポセイドンブラックメタリック

●エンジン
Dunk用に新開発した水冷・4ストローク・OHC・単気筒50ccエンジンは、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※4)などの採用により、力強い出力特性を発揮しています。また、Dunkに比べ車両重量を2kg軽量化(タクト・ベーシックは3kgの軽量)したことで、30km/h定地走行テスト値で80.0km/L、WMTCモード値では56.4km/Lという優れた燃費性能を実現しています。アイドリングストップシステム※5には、エンジン始動時のバッテリー電圧を検知するシステムを採用し、バッテリー電圧が低下している場合は、アイドリングストップ機能を停止して、バッテリー上がりの抑止に貢献します。なお、バッテリーが上がった場合でも、キックにより始動可能なシステムを採用するなど、使い勝手に配慮した設計としています。

※4 PGM-FIは、Hondaの登録商標です
※5 タクトに搭載。タクト・ベーシックには搭載していません

●車体・足回り
リラックスできるライディングポジションを実現するために、コンパクトなボディーサイズでありながら、フラットで広いスペースのフロアを採用しています。フロアのフラットな部分の前・後長は、最短部でも22mmを確保したことで、ゆとりのある足元スペースとしています。また、タクトのシート高は足着き性に配慮した720mmとしながら、シート下のラゲッジボックスは20L※6の容量。タクト・ベーシックは、さらに足着き性に重点を置き、705mmの低いシート高を採用し、ラゲッジボックスは19L※6容量としています。ブレーキは、前・後輪連動のコンビブレーキを採用することで、コントローラブルで使い勝手の良いシステムとしています。

※6 Honda調べ

●主な装備
・シャッター付キーシリンダーと、シートオープナースイッチを装備した集中コンビスイッチ
・左側のフロントインナーラックには、500mlのペットボトルなどが入る容量を確保
・時計表示機能がある視認性に優れた大型のメーター
・買い物袋やバッグなどがかけられるリング状の大型フックを装備
・リアキャリアは、スタンド掛けの際に握りやすく使い勝手を考慮した設計

=タクトのネーミングについて=
タクトは、1980年に初代モデルを発売して以来、原付スクータークラスにおいて、幅広い層のお客様に向けたスタンダードスクーターとして、さまざまな新技術を投入し、新たな需要創造に取り組んでまいりました。今回、原付スクーター市場の再活性化を目指すにあたり、原点に立ち返りタクトのネーミングを復活させました。

製造事業者/Honda Vietnam Co., Ltd. 製造国/ベトナム 輸入事業者/本田技研工業株式会社

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る