[PARIDAKA]Dakar Rally 2015 Stage7 絶対にあきらめないゴンサルヴェス

モト&クワッド部門は昨日イキケで休息日を経て、レースを再開。後半の週はマラソン・ステージから始まる。昨日のオート部門と同コースで、ウユニ湖のビバークへと向かう。

ブエノス・アイレスをスタート以来、総合2,3位の位置をがっちり押さえているパウロ・ゴンサルヴェス が、今日のSSで最終ゴールの優勝の可能性を示した。本日今大会初のSS優勝、ダカール・ラリー通算2度目のSS優勝。

野心家パウロ・ゴンサルヴェス は、最初の週をホアン・バレダ とコーマの二人のトップ争いの陰で目立たず走っていたが、意欲を示すかのよう今日は2015大会で初のステージ優勝を勝ち取った。マルク・コマにわずか14秒あまりのタイム差で手にした優勝だ。しかし、リーダー、ホアン・バレダ に総合で10分足らずの差を維持している。

このマラソン・ステージはHONDAチームの悲願どおりにはいかないようで、ホアン・バレダはSS200km地点で転倒してしまった。バイクのハンドルを壊し、残り120kmを片手で運転、SSをゴールした。しかしそれでも総合タイムで次位のマルク・コマに6分以上のタイム差で首位をキープしている。
一方マチアス・ウォークナーはトップとの差30秒あまりでSS3位、パブロ・キンタニーヤも4位、トビ—・プライスがSS5位と若いライダーが上位に食い込んだ。

クワッド部門では今大会2度目の参加、ネルソン・オーグスト・サナブリアガリアーノ(パラグアイ)が初めてのSS優勝。ラファウ・サノクが5`46″差でSS2位、総合では相変わらずトップをキープする。総合2位にいたイグナシオ・カザレ、CP2手前で転倒し、足を骨折したにもかかわらず、果敢にトップとの差11`37″でSSゴールした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る