2015 Webikeバイクニュースは進化深化します!

皆様、明けましておめでとうございます。本年も「Webikeバイクニュース」をどうぞよろしくお願いいたします!

この冬は当初、暖冬との予測でしたが、年末年始にかけて本格的な寒波が日本各地に到来するなどバイク乗りには厳しいシーズンになっていますね。その分、春の訪れは早そうですので、あと2か月ほど我慢しつつ今のうちに愛車の整備やカスタマイズ、イメージトレーニングなどに励んでみてはいかがでしょう。

昨年末のコラムにも書きましたが、今年は久々にスーパースポーツの当たり年になりそうです。今春にはカワサキのスーパーチャージャー搭載モデル『Ninja H2』や、ヤマハからはMotoGPマシン譲りの新型『YZF-R1』、そしてBMWからはフルモデルチェンジで戦闘力をアップした新型『S1000RR』など話題のマシンが目白押しです。どんな素晴らしい走りの世界を見せてくれるか、今から楽しみですね。

また、モータリゼーション全体を俯瞰してみると、2015年は「水素社会」元年として歴史に刻まれることになるかもしれません。ご存知のように世界初の量産型燃料電池車である「ミライ」が走り出し、トヨタは関連特許をすべて無償提供すると発表するなど、水素社会の実現へ向けてメーカーや業界の垣根を超えて開発スピードを加速させようとしています。これは一例ですが、ここ20年ほど停滞気味だった世の中が、最近急速に変化し始めている気がするのは私だけでしょうか。

今年は「Webikeバイクニュース」も進化・深化の年にしたいと思っています。ニュースの表層には出てこないより深い情報や、メーカー開発現場やニューモデルに関する生の情報、そしてモーターサイクルの時事問題などにも切り込んでいきたいと思っています。

今後とも「Webikeバイクニュース」にご期待ください!

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る