[KTM]Dakar Rally 2015 休息日 ダカール通算15勝を目指し後半戦への準備を進める

KTMファクトリーライダーとサポートライダーは休息日を迎え、鋭気を養っているところ。そして前半戦を振り返り、さらなるポテンシャル&ポジションのための対策を進めています。

速さはもちろん、安定した強さを持つKTMのエースライダー/マルク=コマは前半戦・第5ステージで優勝。総合では同じスペイン人ライダー/J・バレダ(ホンダ)に次ぐ2位に位置しています。この二人はライディングスキルはもちろんのこと、戦略や変化する戦況への対応力など、つねに高いレベルでバトルを繰り広げています。そしてそれは、ブエノスアイレスへと向かう後半戦も変わらないでしょう。

現在二人の差は12分27秒。第2ステージでコマはタイヤトラブルを抱え12分32秒のタイムロスを喫したことを考慮すれば、今大会における二人の実力差は無いと言っても良いでしょう。そして4度の優勝経験があるコマは、ダカールでは一瞬で勝者と敗者が入れ替わることをよく理解しています。

前半生を終えたコマは、マシンのリフレッシュだけでなく、精神的にも身体的にも疲労した自身のリフレッシュのためにも休息日が必要だったと語りました。

「後半戦もダカールを戦うことができて嬉しい。たしかにタイムロスを喫している。それをいかに縮めるかだ。ほとんどのライダーやチームが、何らかの問題を抱えながら戦っている。しかし我々は前半戦を戦い抜くことができた。ここではライバルたちを数分離して首位で居るつもりだった。それは叶わなかったが、ダカール最終日にはその希望は叶っているだろう。そのために我々は前を向き、戦い続ける」

KTMファクトリーチームにとっては、存在感を高める若手ライダーの台頭も忘れてはなりません。第1ステージでは新加入のイギリス人ライダー/サム=サンダーランドが優勝。サンダーランドは2014年にKTMと契約。今大会がKTMライダーとして戦う初のダカールでした。しかし第2ステージの終盤にナビゲーションミスを冒し大きくタイムロス。そして第4ステージの59km地点で激しくクラッシュし、肩の靱帯を痛めレースをリタイヤしました。

そしてマティアス=ウォークナーも輝きを見せました。彼はH・キニガードナー以来となるオーストリア人ダカールライダー。かつてモトクロス世界選手権MX3クラスでチャンピオンを獲得。初ダカールながら第1ステージ8位、第2ステージ6位、そして第3ステージでは優勝するなど、その速さは早々に証明されました。しかし休息日前の第6ステージ走行中にマシントラブルを抱え、首位から3時間43分21秒遅れでフィニッシュ。ダカールの洗礼を受け総合33位に沈んだウォークナーですが、後半戦はそのタイムロスを1秒でも多く縮めるため体制を整えています。

一方、オーストラリアのデザートレーサー/トビー=プライスは高パフォーマンスを発揮。第6ステージではわずかにミスを冒したものの、トップからわずか1分10秒差の2位でフィニッシュ。総合でも5位に付けています。安定した速さも見せ、ダカールにおけるナビゲーションにも自信をみせはじめました。

「前半は良いところも悪いところもあった。しかしダカールを楽しんでいる。後半戦も楽しみだ。体調も良い。肩と手首を痛め大きなギャップを拾うと少し痛むが問題ないレベルだ。これまでのところいい旅が出来ている。この状態をキープしたい」

6週間前のトレーニング中に鎖骨と手首を骨折し、体調が万全ではないなか前半戦を戦い抜いたルーベン=ファリアは総合7位。休息日までには体調を戻し、後半戦で仕掛けていくとレース前から語っていました。チームメイトのジョルディ=ビランドムスは第6ステージでルートを見失い、結果的にコースに復帰したものの40分のペナルティを受けてしまいました。その結果、総合17位となり後半戦は順位回復に努めます。

▼Highlights Stage 6 Dakar 2015

■総合結果/第1ステージ 〜 第6ステージ
1, Joan Barreda, ESP, Honda 21 hours 38.35
2, Marc Coma, ESP, KTM at 12.27
3, Paolo Goncalves, POR, Honda at 17.12
4, Pablo Qunitanilla, CHI, KTM at 29.57
5, Toby Price, AUS, KTM at 33.44
6, Helder Rodrigues, POR, Honda, 36.04
7, Ruben Faria, POR, KTM at 40.27
8, Stefan Svitko, SVK, KTM at 41.27
9, Alain Duclos, FRA, Sherco at 52.56
10, David Casteu, FRA, KTM at 1:14.52
Other KTM
12, Ivan Jakes SVK, KTM at 1:19.57
13, Riaan van Niekerk, RSA, KTM at 1:20.30
17. Jordi Viladoms, ESP, KTM at 1 hour 44.28
24, Jakub Przygonski, POR, KTM at 2:36.08

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る