[PARIDAKA]Dakar Rally 2015 Stage4 インタビュー

2015/1/7 第4ステージ :チレシト- コピアポ
モト&クワッド,オート :リエゾン:594km スペシャルステージ:315km
カミヨン :リエゾン:594km スペシャルステージ:174km

■モト部門

001 -マルク・コマ(SS2位)
SS最後まで私がコースをオープンして走ったナビがたくさんあって非常に難しいSSだった。今朝は2番目のスタートだった。総合タイムで、絶対にミスできないとわかっていた。全速力で走った。そして、追い越し、コースをオープンして走った。SS最後まで結局私がコースをオープンして走った。

SSの初盤はかなりハードだった。マチアスはSSの初めでミスコースして見えなくなった。SS終盤は砂丘の中、ナビゲーション、カップ変更がかなりたくさんある難しいコースだった。私は砂丘の中のこんな時こそ自信を持って走れるんだ。他のライダーがミスしたりトラぶるよう挑発し、このペースでこれからも続けるつもりだ。

014 – アラン・デュクロ (SS7位)
トップグループにプレッシャーをかけ続けてやる。昨年と同じコースだね。この地域はよく知っている。SS初盤はスピードコースで、私にとってあまり有利ではなかったが、追いついて来たのはルーベン(ファリア)だけだった。100kmあまりの砂丘をいっしょにアタックした。その砂丘のコースをオープンして走ったのは私だ。トップ集団はバレダ とコマ以外は、全員迷っていた。我々も迷わなかった。だから他のライダーらを再び追い越した。

ゴールまであと8kmと言うところで、右により過ぎて、コースミスをしてしまったのは残念だった。それで他の皆に追い付かれてしまった。しかし、大したことではない。今日は良い仕事ができた。疲れていないし、非常に気分が良い、バイクも絶好調だ。

しかしトップ10のグループはスーパーに速い。わずか5分の中に5,6人ものライダーがひしめき合っている。だから、トップグループにプレッシャーをかけ続けてやると、いつかそれから解放されたい瞬間がくるものさ。それにしても、バレダ とコマは、トップグループの他のライダーと別格だ。彼らはミスをしない・・・。本当にすごい!でも彼らも人間だから、絶対ミスをしないなんてことはない。コマは既にいくつかミスしたが、バレダ はまったくその話を聞いていない。

002 – ホアン・バレダ SS優勝
良いレース・コントロールできた。今日のSSの結果に非常に満足している。SS初盤は非常にスピードの出るルートだったが、全然楽ではなかった。そこでマルク(コマ)が私を追い越した。彼にはとても追いつけなかった。だから、モチベーションを高く持って、集中して走った。ゴールまで100kmというあたりで、彼に追い付き、その後は良いリズムで走れた。ゴール手前の砂丘ステージはナビゲーションが非常に難しく、マルクといっしょに走った。結果、戦略は良かったのだと思う。良いレース・コントロールができた。この後のレースもかなりハードに違いない。まだ先は長いし、難しい状況の時もあるに違いない。マルクを上手にコントロールすることがカギだ

■クワッド部門

251 – ラファウ・サノク (SS優勝)
SSをゴールできたので嬉しい。飲料水用バックが空のまま100kmも走った。しかし、アタカマ砂漠をパンク無しで通過できたのは初めてだ。びっくりした。私は縁起を担ぐたちなので、まだリザルトを見ていない。しかし結果はどうであれ、SSをゴールできたので嬉しい。毎日がライディングの練習だ。チリに入って、とてもエンジョイしている。チリにはラリーに出なくても来たい。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る