【新車】SUZUKI、大型スポーツバイク「バンディット1250S ABS」を一部改良して発売

スズキは、大型スポーツバイク「バンディット1250S ABS」を一部改良して1月15日(木)から発売する。価格は1,112,400円(税込)

「バンディット1250S ABS」は2000年に「バンディット1200」として発売以来、コンパクトな車体やトルクフルで扱いやすいエンジンなどで好評な大型スポーツバイクのロングセラーモデル。

今回の一部改良では、ハーフカウルの形状を変更し空気抵抗の低減を図ったことで、高速走行時の快適性を高めた。また、黒色のフレーム及びホイールを採用し、全体的に引き締まった印象とした。

以下プレスリリースより

▼キャンディダーリングレッド(YYG)

▼グラススパークルブラック(YVB)

▼パールグレッシャーホワイト(YWW)

商品名 メーカー希望小売価格 発売日
バンディット1250S ABS
(GSF1250SAL5)
1,112,400円
(消費税抜き1,030,000円)
2015年1月15日

*価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う費用は含まれない。

■主な改良点
・コンパクトでシャープな造形のハーフカウル。サイドカウルをラジエーター側面まで延長した形状とし、空気抵抗の低減を図ったことで、高速走行時の快適性を高めた。

・全体的に引き締まった印象を与える、黒色のフレーム及びホイール。

・フレームとホイールに合わせて、ハンドル固定部位にも黒色塗装を施し、ハンドルバーの色はマットシルバーに変更。

・車体色は、新採用の赤「キャンディダーリングレッド」のほか、黒「グラススパークルブラック」、白「パールグレッシャーホワイト」の3色を設定。

※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

■主な機能と装備
・中低速からの力強いトルク感と扱いやすさに加え、高い動力性能と静粛性を実現した水冷4気筒エンジン。

・ライダーの体格に合わせてシート高を二段階(790mmと810mm)に手動調節できる可変シート高機構。

・過度なブレーキングによるホイールのロックを一定範囲内で回避する電子制御式ABSを標準装備。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る