新型BMW「S1000RR」がよりパワフル・軽量に進化

BMWのフラッグシップスーパースポーツ「S 1000 RR」がフルモデルチェンジし、2月6日より販売開始となる。

「S 1000 RR」は2010年春に国内投入され、その圧倒的なパフォーマンスで瞬く間にスーパースポーツセグメントの注目モデルに躍り出たことは記憶に新しい。

昨年のインターモト2014でワールド・プレミアを飾った今回の新型モデルは、エンジンのトルク特性を最適化するとともに最大トルクを3Nmアップの113Nmに、最高出力も6psアップの199ps(146kW)を実現。さらに車重は先代より2kg軽量化した204kgとしている。

また最適なセットアップが施されたRace ABSも標準装備されるなど、サーキットレンジでのパフォーマンスの向上と共に日常域でのユーザビリティも底上げされているのが特徴だ。

動力系ではシリンダーヘッドの改良の他、新開発のインテーク・カムシャフト、軽量インテーク・バルブを採用。エアボックス容量とインテークダクト長の見直し、フロント・サイレンサーを廃して軽量化した新型エグゾーストシステムなどにより、出力とトルクを向上するとともにライダビリティと加速性能も向上している。

車体面では剛性と柔軟性のバランスを最適化した新しい軽量フレーム構造を採用。ステアリングヘッドアングル、キャスター、ホイールベースおよびスイングアームピボット位置を含むジオメトリー変更により、限界付近でのハンドリングとトラクションを向上させた。さらにサスペンションの改良とともに、上級モデルのHP4に装備されている最新型電子制御サスペンション「ダイナミック・ダンピング・コントロールDDC」も標準装備している点も見逃せない。

電子制御も進化した。走行条件に合わせた最適なセットアップを実現するため、新型では「レイン」、「スポーツ」、「レース」の3つの走行モードに加え、「スリック」と「ユーザー」の2つの走行モードを設定した「ライディングモードPro」を標準装備。発進加速用のローンチ・コントロールと、ピットレーン制限速度に対応したピット・レーン・リミッター、さらにクラッチ操作なしに瞬時にシフトアップ/シフトダウンができる「HPギアシフト・アシスタントPro」も標準装備となっている。

また、Race ABS(セミ・インテグラル)およびオートマチック・スタビリティ・コントロールASCに加え、バンク角度センサーおよび微調整機能付きの「ダイナミック・トラクション・コントロールDTC」が標準装備となり、セッティングも全面的に見直されている。

デザイン面では今まで以上にダイナミックなスタイリングを実現するために全く新しいボディワークを採用。「S1000RR」のアイデンティティでもある左右非対称ヘッドライトを継承しつつもサイズや配置は新たに変更され、さらにダイナミックで精悍なイメージを纏った。カラーバリエーションも個性的な3種類から選択可能である。なお、メーカー希望小売価格は2,150,000円(税抜)となっている。

今年はオールニューとなる新型「YZF-R1」が発売になるなど、スーパースポーツ戦線において新たな勢力争いが展開されそうだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆【新車】BMW、フルモデルチェンジしたS 1000 RRの発売を開始

【関連フォトギャラリー】
◆BMW S1000RR 2015年モデル 新車ギャラリー

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る