[HONDA]Dakar Rally 2015 Stage 4 バレダ選手が今大会2度目のステージ優勝を果たし、総合トップを快走

1月7日(水)に第4ステージが行われたダカールラリー2015は、2カ国目となるチリに入り、Team HRCのホアン・バレダ選手が今大会2度目のステージ優勝。バレダ選手は総合順位でも2位との差をさらに広げ、トップの座を維持しています。また、Hondaサウスアメリカ(HSA)ラリーチームのハビエル・ピゾリト選手がステージ6位、Team HRCの女性ライダー、ライア・サンツ選手もステージ8位と、ともにトップ10フィニッシュを果たしました。

ラリーは山岳区間に入り、標高4800mのサンフランシスコ峠を越えて2カ国目のチリへと舞台を移しました。この第4ステージのリエゾン(移動区間)は、大会3番目の長さとなる594km。さらに、気温差も激しく、35℃の猛暑から、標高の高い地点では0℃まで下がるなど、ライダーたちを苦しめます。

バレダ選手は、スペシャルステージ(SS)での第1チェックポイントに到達した時点で、前日のステージウイナーであるマティアス・ウォークナー選手(KTM)をパスし、優勝争いのライバル、マルク・コマ選手(KTM)との差も縮めます。その後も果敢に攻めて、ステージ1位でゴールのコピアポに到着したバレダ選手は、総合2位との差を12分49秒差に広げてこの日を終えました。

Team HRCライダーでこれに続いたのはサンツ選手で、Honda CRF450 RALLYの本領を発揮し、今大会自己ベストのステージ8位でフィニッシュ。総合順位でも12位へとポジションアップしました。

パウロ・ゴンサルヴェス選手は、序盤の複雑なコースでナビゲーションミスによるタイムロスが影響し、ステージ12位となりましたが、総合順位では3位とトップグル—プにつけています。エルダー・ロドリゲス選手は、前半はステージ3番手と好調な走りを披露。後半でポジションを落としてステージ17位フィニッシュとはなったものの、復調の気配をみせています。

前日まで総合8位と好調だったジェレミアス・イスラエル選手は、SSの序盤で転倒を喫し、大幅にタイムロス。しかし、そこからレースに復帰し、力強い走りでゴールにたどり着きました。

HSAラリーチームも健闘し、ピゾリト選手がチーム最上位のステージ6位、ダニエル・グート選手がステージ13位でフィニッシュ。グート選手は総合でも21位につけています。

▼Dakar Rally 2015 Team HRC Stage 4

▼Dakar Rally 2015 Behind the Scene Stage 4

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る