【イベント】鈴鹿市が「鈴鹿モータースポーツ祭」を開催

鈴鹿市は2015年度にモータースポーツ都市宣言10周年を迎えたことから、商業観光課に「観光・モータースポーツ振興グループ」を設置し、「初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座」を開講するなど、市民に対するモータースポーツの理解・促進に力を入れている。その一環として市民に鈴鹿市のモータースポーツの魅力に触れてもらい、その素晴らしさを感じてほしいと考え、2015年2月22日(日曜日)に文化会館とその周辺において「鈴鹿モータースポーツ祭」を開催する。

以下プレスリリースより

本市と関係が深い本田技研工業株式会社のF1世界選手権シリーズ参戦を記念した基調講演や本市に縁のある方々によるトークショー、F1マシンの展示、また、「鈴鹿と・き・め・きモータースポーツ大使」の就任を記念した公道デモ走行のほか、モーターサイクルのパーツ製造企業の展示など、モータースポーツファンだけでなく、一度もレース観戦をしたことが無い方、また、子どもから大人まで楽しんでいただけるイベントを多く企画しております。是非この機会に足を運んでいただければと考えております。

「鈴鹿モータースポーツ祭」

■開催日
2015年2月22日(日)
10:00から17:00

■開催場所
・鈴鹿市文化会館
三重県鈴鹿市飯野寺家町810

・西条中央公園
三重県鈴鹿市西条6丁目

・市道西条250号線

イベント

主なステージイベント(けやきホール)

■鈴鹿と・き・め・きモータースポーツ大使委嘱式
・新大使:モリワキレーシング・TSR・小島庸平選手

■基調講演「最高峰レース“F1″への挑戦」
・講師:櫻原一雄氏(株式会社本田技術研究所HRDSakura執行役員MS開発室室長)
※全世界の四輪モータースポーツを統括する部門であるMS(エムエス)開発室の室長(責任者)

■トークショー「PowerofSUZUKA」出演者
・熱田護氏(鈴鹿市出身フォトグラファー)
・荒木正和氏(株式会社モビリティランド鈴鹿サーキット総支配人)
・草野由貴氏(2015ミス・ユニバース・ジャパン三重ウィナー)
・畑川治氏(NPO法人鈴鹿モータースポーツ友の会理事)
・森脇緑氏(株式会社モリワキエンジニアリング取締役)
・末松則子(鈴鹿市長)
・司会:辻野ヒロシ(鈴鹿サーキット実況アナウンサー)

主な屋外イベント

・レーシングマシン公道デモ走行
走行予定:モリワキレーシング・TSR・小島庸平選手・小川友幸選手(トライアル全日本チャンピオン)

・タイヤ交換体験
・二輪・四輪パーツ市

■マシン提供
・鈴鹿サーキット
・ホンダ鈴鹿レーシング

主な館内イベント

・モータースポーツ教室 講師:畑川治氏
・Honda最高峰フォーミュラカーRA273展示
・ブロックカーづくり体験教室
・鈴鹿市二輪ものづくり企業展示
・第2回すずか輪ゴムグランプリ

協力
本田技研工業株式会社/株式会社モビリティランド鈴鹿サーキット
NPO法人鈴鹿モータースポーツ友の会/株式会社44
株式会社モリワキエンジニアリング/TSR/MITANImotorsports
有限会社エーワン/ホンダ鈴鹿レーシング/株式会社リアルレーシング
ブリヂストンタイヤジャパン株式会社/みえサイエンスネットワーク
AGF鈴鹿株式会社/鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会
株式会社ケーブルネット鈴鹿/社会福祉法人鈴鹿市社会福祉協議会
一般社団法人鈴鹿青年会議所/平田商店会/鈴鹿市物産協会
鈴鹿商工会議所青年部/一般社団法人鈴鹿市観光協会
株式会社アイハラホンダ/岡三証券株式会社鈴鹿支店
鈴鹿農業協同組合(順不同,敬称略)

【問合せ先】
鈴鹿市産業振興部商業観光課菅沼・小野直通382-9020/内線3623

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る