ハーレーダビッドソン、「ソフテイルスリム」インジケーターランプが作動しない恐れ

■リコール届出番号
外-2136

■リコール開始日
平成27年1月7日

■届出者の氏名又は名称
ハーレーダビッドソンジャパン株式会社
代表取締役スチュアート・ファレル
(製作国:アメリカ合衆国)
(製作者名:ハーレーダビッドソンモーターカンパニー)
(問い合せ先:0800-080-8080)

■不具合の部位(部品名)
方向指示器(ボディコントロールモジュール)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
ボディコントロールモジュールのプログラムが不適切なため、前面方向指示器の不点灯が発生した場合に、運転者に不点灯を知らせる機能(インジケーターランプの点滅回数増加)が作動しないおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、ボディコントロールモジュールを適切なプログラムに設定する。

■不具合件数
なし

■事故の有無
なし

■発見の動機
本国メーカーからの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関紙に掲載する。
・改善実施済車には、フレームヘッド部に外-2136のステッカーを貼付する。

■車名
・ハーレーダビッドソンJR5
・ハーレーダビッドソンEBLFS5

■型式通称名
「ソフテイルスリム」

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び輸入期間リコール対象車の台数

ハーレーダビッドソンJR5
・5HD1JR5E0EB010332〜5HD1JR5EXEB044388
・平成25年7月12日〜平成26年7月8日
・計283台

ハーレーダビッドソンEBLFS5
・5HD1JR5E0FB010171〜5HD1JR5EXFB014874
・平成26年8月4日〜平成26年11月13日
・計108台

■合計
・計2型式計1車種
・輸入期間の全体の範囲 平成25年7月12日〜平成26年11月13日
・計391台

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る