[HONDA]Rally 2015 Rd.1 Team HRCは順調に始動

ダカールラリー2015がついに開幕しました。Team HRCはライダー3人が6位以内で第1ステージを終える好スタート。目標とする優勝へ向けて、着実に歩みを進めています。

1月4日、いよいよ第1ステージが始まりました。前日にはブエノスアイレス市街で多くのファンから温かい声援を受けたTeam HRCのライダーたちは、全員がこのステージをトップから5分差以内で終えるという順調な滑り出しをみせます。

初日のスペシャルステージ(SS)は175kmと、今後のステージと比べると短い距離で、総合順位を左右するほどの大きな差は出ませんが、このステージでの順位が次の日のスタートポジションに影響します。Team HRCのパウロ・ゴンサルヴェス選手は、Honda CRF450 RALLYを快調なペースで駆り、このステージを制したサム・サンダーランド選手(KTM)とわずか5秒差のステージ2位でフィニッシュしました。

慎重な走りで臨んだホアン・バレダ選手が、トップと1分42秒差のステージ4位、ジェレミアス・イスラエル選手は自分のペースを守ってステージ6位を獲得。ライア・サンツ選手も安定した走行でトラブルなく初日を終え、ステージ17位となりました。

Hondaサウスアメリカラリーチームのアルゼンチン人ライダー、ハビエル・ピゾリト選手は、チーム最上位となる16位で初日を終えました。

SSを終えた選手たちは、約500kmという長いリエゾン(移動区間)を走って最初のビバーク(休息地)であるビージャ・カルロス・パスに到着。明日のステージに向けて準備を進めています。ビージャ・カルロス・パス〜サン・フアン間で争われる第2ステージでは、ダカールラリー2015で初となる砂丘区間がライダーたちを待ち受けています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
  2. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  3. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
  4. さらに魅力的で個性的な雰囲気に ドゥカティは、スーパースポーツのカラーラインナップに、…
ページ上部へ戻る