2014年を振り返って

いよいよ年末、今年最後のコラムということで、2014年のバイク動向を振り返ってみたいと思います。

今年は国産スポーツモデルに元気が戻ってきた年でした。インターモトやEICMAでは日本メーカーから革新的なニューモデルの発表が相次いだのは記憶に新しいところです。

ホンダはMotoGPマシンのリアルレプリカともいえる、究極の公道レーサー『RC213V-S』のプロトタイプを出品。カワサキからは300psのスーパーチャージドエンジン搭載の『Ninja H2R』と公道仕様の『H2』が発表され、ヤマハは久々のフルモデルチェンジとなる新型『YZF-R1』と上級モデル『YZF-R1M』をリリースするなど、メイド・イン・ジャパンの反撃が始まろうとしています。

その一方で、BMWの『R nineT』やドゥカティの『スクランブラー』のように、近年はメーカー主導による本格的なカスタムテイストのモデルも目立つようになってきました。価値観やライフスタイルの多様化により、それぞれの楽しみ方や個性を表現する風潮がこのブームを後押ししているようです。また、ヤマハから新型電動スクーター「E-VINO(イービーノ)」が来年にも発売予定となるなど、ついに本格的なEV時代の到来が予感されます。

法制面では国内でもバイクのABS装備が2018年度から義務化されることが決定するなど、2輪車の安全性向上への意識の高まりが見られました。

モータースポーツ界は今年も彼の年でした。昨年に続きレプソル・ホンダのマルク・マルケスが年間最多記録の13勝を挙げ、圧倒的な強さで最高峰クラスの王者に輝きました。2015シーズンはスズキとアプリリアが復帰するなど、MotoGPクラスが今から楽しみです。

今年一年、Webikeバイクニュースをご愛読いただきまして、誠にありがとうございました。2015年もよろしくお願いいたします!

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る