ハーレーから新型水冷Vツイン「ストリート750」発売

ハーレーダビッドソンの話題のニューモデル、「STREET 750」がいよいよ2月27日から全国の正規販売店での発売が決定、新年1月2日から予約受付を開始する。

ストリート750は、若年層ライダーとアーバンライダーをターゲットに開発された、全く新しいハーレーだ。次世代となる若年層に対しハーレーをより身近に感じてもらうこと、若年層のライフスタイルにマッチしたモデルを目指し、開発に際しては世界中の若年層3000人から集められた意見が反映されるなど、新しい世代のオーナーの趣向を強く意識したモデルに仕上がっているのが特徴だ。

“レボリューションX”と名付けられた新型SOHC4バルブVツインエンジンは排気量750ccとハーレーのラインナップ中では最小サイズとなる上、水冷方式としている点にも注目。都会のライディングのために特別にデザインされたエンジンで、高い気温や渋滞時でも最高の性能を維持するように設計されている。トランスミッションも現代的な6速が与えられている。

また、タイトコーナーを俊敏に走るために作られたフレームとサスペンションを装備し、軽快な走りを実現。それでいて、誰が効いてもハーレーVツインと分かる重低音をサウンドチューニングすることでハーレーの世界観を演出。スタイリングも虚飾を廃したシンプルさが強調され、カラーリングもダーク系を採用するなど、カスタムベースとしての可能性も訴求したデザインとなっている。

なお、発売価格は順次発表するとのこと。今までの伝統的モノ創りとは異なるアプローチを始めたハーレーに注目したい。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  2. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
  3. 年が明けて心機一転、愛車のお手入れ初めにオイル交換はいかがでしょうか。 オイルの基礎知識、…
  4. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
ページ上部へ戻る