黒光りの恐怖

先週は寒波が日本全土を襲いました。台風並みの猛威を振るう爆弾低気圧などという言葉も聞かれるなど、しばらくは注意が必要ですね。

冬場はライダーにとっても厳しい季節です。気温が低いとタイヤもなかなか温まらず、本来のグリップ力も発揮できませんし、それ以前に路面コンディションにも気を配らなくてはなりません。最近のニュースでも盛んに取り上げられていますが、最も危険なのがブラックアイスバーンと呼ばれるものです。

通常のアイスバーンは雪道が圧雪されたり、4輪のタイヤなどで表面が磨かれたりしてツルツルになっていますが、白く濁って見えるのでまだ発見しやすいのが救いです。ブラックアイスバーンの場合、路面が濡れているようにしか見えないので、水なのか氷なのかの判断が極めて難しいのです。雪と違って完全なアイスなので、2輪では乗り上げた瞬間に滑って転倒してしまいます。たとえ最新のABSでも歯が立たないでしょう。

実は私自身も恥ずかしながら餌食になったことがあります。もうだいぶ昔のことですが、学生時代に夜中に都心を走っていて、大きな幹線道路から側道に入ろうとして、いきなり前輪から転倒。何もわからないまま、横倒しになったバイクは20mぐらい滑走していきました。そのとき覚えているのは、月夜に照らされて美しく黒光りしていた路面です。今考えれば、それこそがブラックアイスバーンだったのだと思います。

山道ならまだしもと思いますが、都市部でも夜中や明け方などに気温が急速に下がると起こるらしいです。通勤・通学や早朝ツーリングなどに出かける方なども十分注意してくださいね。キーワードは「黒光りする路面」です!

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

画像出典元:photopin(photo credit: Jessica Neuwerth (Fearless) via photopin cc)

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る