【新車】ヤマハ、新型アンダーボーン「Exciter T150」をベトナムで発売

ヤマハ発動機は、アセアン向け150ccスポーツモデルに搭載している水冷4バルブ・FIエンジンを新設計の軽量フレームに搭載し、スポーティライディングを楽しめる新製品「Exciter T150(エキサイターT150)」を2014年12月からベトナムで発売する。製造・販売はベトナムにあるグループ会社のYamaha Motor Vietnam Co., Ltd.が行う。

以下プレスリリースより

「Exciter T150」は、“The King of The Streets”のコンセプトのもと10代後半から20代前半の男性をターゲットに開発したモデルです。徹底した軽量設計により150ccながら当社現行Exiter T135(135cc)以下の軽量ボディに仕上げました。街中での力強い加速性、軽快なハンドリングにより、スポーティな走りを望むターゲット層の期待に応えます。

主な特徴
1)150ccスポーツモデル系エンジンをベースに吸排気系を専用設計したFIエンジン、
2)軽快な走行性に貢献する軽量フレーム、
3)新製法のダイキャスト技術による軽量アルミダイキャストホイールとリア120mm幅ワイドタイヤ、
4)スーパースポーツYZF-R1のエッセンスを折り込んだスポーティで新しいアンダーボーンのスタイリング。

2005年、4ストロークアンダーボーンモデルに当社として初めて水冷エンジンを搭載した「Exciter T135」を導入、2011年には細部を熟成させた2代目の「Exciter T135」を導入し、いずれもスポーティな走りが若者に幅広い支持を得てきました。

3代目となる「Exciter T150」は、所得向上に伴いユーザー嗜好が多様化する中、よりスポーティな乗り味を求めるニーズに応え開発しました。今後もきめ細やかに市場ニーズに対応した商品を展開していきます。

■名称
「Exciter T150」

■発売日
2014年12月

■メーカー希望小売価格
4,499万ベトナム ドン(RC仕様)
4,549万ベトナム ドン(GP仕様)

■販売計画
17万台(発売から1年間/ベトナム国内)

▼Le ra mat Yamaha Exciter 150 va Review xe (18/12/2014) (FULL)

▼Quảng cao Exciter 150 – The King of Street

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る