【新車】ヤマハ、新型アンダーボーン「Exciter T150」をベトナムで発売

ヤマハ発動機は、アセアン向け150ccスポーツモデルに搭載している水冷4バルブ・FIエンジンを新設計の軽量フレームに搭載し、スポーティライディングを楽しめる新製品「Exciter T150(エキサイターT150)」を2014年12月からベトナムで発売する。製造・販売はベトナムにあるグループ会社のYamaha Motor Vietnam Co., Ltd.が行う。

以下プレスリリースより

「Exciter T150」は、“The King of The Streets”のコンセプトのもと10代後半から20代前半の男性をターゲットに開発したモデルです。徹底した軽量設計により150ccながら当社現行Exiter T135(135cc)以下の軽量ボディに仕上げました。街中での力強い加速性、軽快なハンドリングにより、スポーティな走りを望むターゲット層の期待に応えます。

主な特徴
1)150ccスポーツモデル系エンジンをベースに吸排気系を専用設計したFIエンジン、
2)軽快な走行性に貢献する軽量フレーム、
3)新製法のダイキャスト技術による軽量アルミダイキャストホイールとリア120mm幅ワイドタイヤ、
4)スーパースポーツYZF-R1のエッセンスを折り込んだスポーティで新しいアンダーボーンのスタイリング。

2005年、4ストロークアンダーボーンモデルに当社として初めて水冷エンジンを搭載した「Exciter T135」を導入、2011年には細部を熟成させた2代目の「Exciter T135」を導入し、いずれもスポーティな走りが若者に幅広い支持を得てきました。

3代目となる「Exciter T150」は、所得向上に伴いユーザー嗜好が多様化する中、よりスポーティな乗り味を求めるニーズに応え開発しました。今後もきめ細やかに市場ニーズに対応した商品を展開していきます。

■名称
「Exciter T150」

■発売日
2014年12月

■メーカー希望小売価格
4,499万ベトナム ドン(RC仕様)
4,549万ベトナム ドン(GP仕様)

■販売計画
17万台(発売から1年間/ベトナム国内)

▼Le ra mat Yamaha Exciter 150 va Review xe (18/12/2014) (FULL)

▼Quảng cao Exciter 150 – The King of Street

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る