ARRC 最終戦 1ポイントに泣いた伊藤勇樹

©ARRC
アジアロードレース選手権最終戦が12月14日(日)にカタール・ロサイルサーキットでナイトレースで開催された。2レース制となっていることもあり、チャンピオンの可能性を残したライダーは6人いたが、実質は、藤原克昭と伊藤勇樹による一騎打ちかと思われていた。

しかし、レース1で伊藤が7位、藤原が12位となったため、2位に入ったザクワン・ザイディが急接近。レース2では、伊藤がレースをリード。ポールポジションスタートの稲垣誠もトップ争いに加わっていたがジャンプスタートを取られてしまい無念のピットイン。最後は、伊藤とザクワン、レース1を制しているザムリ・ババというMuSASHi Boon Siew Honda Racingの2台と三つ巴のバトルを繰り広げる。そして運命のラストラップに伊藤がトップで突入。

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る