ARRC 最終戦 1ポイントに泣いた伊藤勇樹

©ARRC
アジアロードレース選手権最終戦が12月14日(日)にカタール・ロサイルサーキットでナイトレースで開催された。2レース制となっていることもあり、チャンピオンの可能性を残したライダーは6人いたが、実質は、藤原克昭と伊藤勇樹による一騎打ちかと思われていた。

しかし、レース1で伊藤が7位、藤原が12位となったため、2位に入ったザクワン・ザイディが急接近。レース2では、伊藤がレースをリード。ポールポジションスタートの稲垣誠もトップ争いに加わっていたがジャンプスタートを取られてしまい無念のピットイン。最後は、伊藤とザクワン、レース1を制しているザムリ・ババというMuSASHi Boon Siew Honda Racingの2台と三つ巴のバトルを繰り広げる。そして運命のラストラップに伊藤がトップで突入。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る