ARRC 最終戦 1ポイントに泣いた伊藤勇樹

©ARRC
アジアロードレース選手権最終戦が12月14日(日)にカタール・ロサイルサーキットでナイトレースで開催された。2レース制となっていることもあり、チャンピオンの可能性を残したライダーは6人いたが、実質は、藤原克昭と伊藤勇樹による一騎打ちかと思われていた。

しかし、レース1で伊藤が7位、藤原が12位となったため、2位に入ったザクワン・ザイディが急接近。レース2では、伊藤がレースをリード。ポールポジションスタートの稲垣誠もトップ争いに加わっていたがジャンプスタートを取られてしまい無念のピットイン。最後は、伊藤とザクワン、レース1を制しているザムリ・ババというMuSASHi Boon Siew Honda Racingの2台と三つ巴のバトルを繰り広げる。そして運命のラストラップに伊藤がトップで突入。

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  2. 2018年6月6日、ボッシュ・グループ年次記者会見がボッシュ株式会社の渋谷本社で行われた。同…
  3. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXの試乗記事最終回は公道…
  4. 鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す ヤマハ発動機は、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行…
ページ上部へ戻る