【新車】KTM、スポーツモデルRC125とRC390の2015年モデルを発売

KTMジャパンは、本格スーパースポーツモデル『RC125』と『RC390』の2015年モデルを販売開始した。

RC125とRC390は、強さとしなやかさを併せ持つトレリスフレームに他にない軽量な単体重量を持つDOHCエンジンを搭載している。

以下公式HPより

■RC125

業界のトップをひた走るKTMテクノロジーに、クラスの垣根はありません。
KTM RC 390と共用する軽量フレームに、コンパクトで活発な水冷4ストロークDOHC4バルブ125ccエンジンを搭載。
マシンをコントロールする喜びをφ43mm倒立フォーク+ラジアルマウント4Pキャリパー+300mmディスクとアルミスイングアームが呼び覚まします。ABSやダッシュボードと呼ばれる多機能メーターなどのハイテクコンポーネントも標準装備。
穏やかな低回転から驚異的な伸びを見せる高回転まで、乗り手を選ばないKTM RC 125です。

【価格】54万5000円

■RC390

レーシングDNAがもたらす絶対的パフォーマンスが、スポーツライディングはもとより、ストリートユースでも本領を発揮します。
KTMならではのスリリングで楽しい走りを生む375ccシングルエンジンは、驚異的なパワーウェイトレシオを実現。軽さと剛性の最適なバランスを表現するレーサーゆずりのトレリスフレームは、優れたブレーキ性能と相まって、乗りやすさとしてライダーに寄り添います。
スポーツに、日常の足に、KTM RC 390のすべてが、速度域を問わずライダーの五感を刺激します。

【価格】65万6000円

【関連トピックス】
◆【試乗レポート】乗って楽しく、カッコいい!KTM RC390、RC125日本デビュー

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る