まずはアイドルストップから

今週、イワタニとセブン-イレブンとの提携による、水素ステーション&コンビニの併設店を愛知県と東京に2015年度に順次オープンさせることが発表されました。ちなみに水素の価格は1100円/kgということで、燃料電池車(FCV)の燃費から換算すると、すでにハイブリッド車並の価格で運用できるとか。

世界初の量産型FCV、トヨタの「ミライ」がいよいよ今月15日から発売されますが、最近のこうしたニュースを見ていると、水素型エネルギー社会の実現もそう遠くない気もしてきます。

どんどん先に行く4輪に対し2輪はどうかと言えば、一足飛びにFCVというのは難しいでしょう。おそらくは、一部の小排気量モデルから徐々にEV化が進み、そのうちスポーツモデルでも本格的なEVが量産されるようになっていくはずです。今のところEVの最大のネックは航続距離です。ならば、前述の例をヒントに充電ステーションをコンビニに併設していってはいかがでしょうか。

バッテリーをどの車種でも使えるように規格化してシェアできれば、いつでも必要なときに自販機でドリンクを買う感覚でフル充電のバッテリーパックを積み替えることが可能になり、EV2輪もずっと身近になるかもしれません。

私もガソリンエンジンの鼓動やサウンドが大好きですが、同時に大きな目で地球の環境のことも考えていかなければならないと最近とみに思う今日この頃です。まずは信号待ちでアイドリングストップを忘れないように心掛けてみます!

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る