【新車】INDIAN、最高のツーリング性能を備えた「ROADMASTER」を1月に発売

ホワイトハウスの展開する「INDIAN(インディアン)モーターサイクル」は、待望のニューモデル「INDIAN ROADMASTER(ロードマスター)」を発表した。

12月中旬から特設サイトで先行予約の受付が開始され、グッズプレゼントの予約キャンペーンも実施される。

INDIAN ROADMASTERは、インディアン東京、インディアン名古屋、インディアン福岡の3店舗及び正規販売店で1月から発売される。

以下プレスリリースより

【INDIAN ROADMASTER】

■税込価格
3,963,600円

■カラー
サンダーブラック
インディアンレッド(+54,000円)
インディアンレッド×アイボリークリーム(+108,000円)

▼インディアンレッド×アイボリークリーム

▼インディアンレッド

▼サンダーブラック

[特徴]
●111キュービックインチのサンダーストローク111エンジンが実証するパフォーマンスと信頼性
●アンチロックブレーキ(ABS)、クルーズコントロール、最新のインフォテインメント・システム、ハンズフリーのマルチデバイス接続用のBluetooth機能を搭載
●Horizon電動ウインドシールド、10段階の温度設定が可能なグリップヒーター、あらゆる天候において快適なライディングを可能にするシートヒーターは、ライダーとパッセンジャーと別々に温度調整が可能、調節可能なエアフロー・ローワーフェアリングを搭載

インディアンモーターサイクルの2015年ラインアップには、豪華なツーリングバイクの決定版とも言える全く新しいインディアンロードマスターTMが登場します。

同名のモデルは1947年〜1953年まで製造されており、最も快適で耐久性に優れたツーリングバイクの一つとして賞賛されていました。新しい2015年ロードマスターは、完璧なまでにインディアンモーターサイクルであり、また快適性や利便性、豪華さなど究極のプレミアム装備が施されたスタイリングで、その遺産を再び呼び起こします。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る