【新車】YAMAHA、次世代小型エンジン搭載「Mio125」をインドネシア市場に導入

ヤマハ発動機は、“新しい!元気が良い!Mio”をコンセプトに開発した125ccスクーターの新製品「Mio(ミオ)125」を、2014年12月からインドネシアに導入する。

新型「Mio」は、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を高次元で具現化する次世代小型エンジンとなる“BLUE CORE(ブルーコア)エンジン”を搭載し、現行「Mio J」の115ccから排気量をアップさせつつ、同等の燃費性能とコンセプトどおりの元気な走りを両立させている。

以下プレスリリースより

■名称:「Mio125」
■発売日:2014年12月
■メーカー希望小売価格:1,398万ルピア(ジャカルタ店頭小売価格)
■販売計画:86万台(発売から1年間 / インドネシア国内)

新型「Mio125」は、今年8月にベトナム導入の女性向けスクーター「Nozza Grande」に搭載のBLUE COREエンジンをベースに加速性能を高めるなど、ターゲットである若年層のニーズに応えるテイストとしました。そのほか、1)車両装備重量92kgと現行モデル同等の軽量ボディ、2)機敏な走りを支える新設計の高剛性・軽量フレーム、3)軽快感のあるレイヤーイメージのボディデザイン、4)コミューターとしての利便性、収納性向上などの特長を備えています。

▼Mio125 イエロー

▼Mio125 ブラック

▼Mio125 ゴールド

▼Mio125 レッド

▼Mio125 ホワイトグレー

▼Mio125 ホワイトピンク

2003年に導入した初代「Mio」は、かつてマニュアルトランスミッションのアンダーボーンモデルが主流だったインドネシア二輪車市場において、女性を中心に燃費・乗りやすさ・利便性・ファッション性を兼ね備えるオートマチックスクータートレンドを創出、市場拡大の牽引力となってきたモデルで、現在も当社の主力モデルとなっています。BLUE COREエンジン採用など、今回のモデルチェンジにより「Mio」の商品競争力をさらに高め、市場での販売拡大に繋げます。

なお、製造・販売はインドネシアの当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行います。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る