【新車】HONDA、アウトドアスタイルの「クロスカブ」に新色を追加し12月12日発売

Hondaは、アウトドアイメージのスタイリングでレジャー用途に適した「クロスカブ」に、新色のボスグレーメタリックを追加し、12月12日(金)に発売する。

メーカー希望小売価格は286,200円(消費税抜き本体価格 265,000円)、販売計画台数(国内・年間)は3,000台となっている。

以下プレスリリースより

クロスカブは、ビジネスモデルとして取り回しやすさや経済性などで定評を得ている「スーパーカブ110」をベースに、アウトドアイメージのスタイリングと装備を施したレジャーモデルです。

今回、車体色にクールなイメージのボスグレーメタリックを追加し、従来から好評のパールコーンイエローとファイティングレッドに加えた3種類のカラーバリエーションとして、選択の幅を広げています。

▼クロスカブ(ボスグレーメタリック)

▼クロスカブ(パールコーンイエロー)

▼クロスカブ(ファイティングレッド)

エンジンに、スーパーカブ110に搭載されている低フリクション技術を多岐にわたって採用した高効率な空冷・4ストローク・OHC・単気筒110ccを採用。クロスカブ用に減速比を変更したことにより、さらに低回転域で力強い特性としています。

車体には、剛性に優れたバックボーンタイプのパイプフレームを採用。前・後サスペンションは、「スーパーカブ110 プロ」に採用しているストローク量の多いタイプとすることで、アウトドアでより快適な走行を楽しむことができます。

クロスカブは、2013年6月に発売して以来、日常での使い勝手の良さと、遊び心にあふれたスタイリングなどによって、幅広い層に支持されています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る