新型「TMAX530」が倒立フォークとラジアルキャリパー装備で走りをアップ!

ヤマハは国内外で人気の大型スポーツスクーター「TMAX530」シリーズについて、上質感、スポーツ性、使い勝手をさらに向上させた2015年モデルを2015年1月10日より順次発売することを発表した。

2015モデルの変更点としては、「LEDヘッドライトと新形状フロントカウル」、「倒立式フロントフォーク」、「ラジアルマウント式キャリパー採用フロントブレーキ」、「スマートキーシステムおよび12V・DCアウトレット」等を新たに採用したことなど。これにより、上質感とスポーツ性を向上させつつ、コミューターとしての機能充実も図られた。

TMAXシリーズが掲げる「オートマチックで、走りのエキサイトメントを堪能する」という独自のコンセプトはそのままに、大人の心を満たす「上質」を目指すことで、その走りと快適性に一層磨きをかけたことになる。

また、「リキッド・ダークネス」をテーマに、中世の甲冑を連想させる新色、ダークグレーメタリックを採用した上級機種の「TMAX530 ABS IRON MAX」(アイアン マックス)をバリエーション設定。スエード調シート表皮、ピンストライプ入り前後ホイール、クロノウォッチイメージの専用メーター、アルミ製フットプレート等のハイグレードな装備が施されたモデルとなっている。

このように全体的にグレードアップが図られた今回の新型「TMAX530」だが、特筆すべきはやはり足回りの強化だろう。元来、TMAXシリーズはスポーティな走りを身上とするモデルであり、アルミダイキャスト製フレームやエンジン別体式のロングスイングアームを採用するなど、まさにスポーツモデルと同等の車体構造が与えられていた。

それが今回、インナーチューブ径41mmの倒立式フロントサスペンションが新採用されたことで乗り心地や路面追従性が向上し、さらに軽快なハンドリングに仕上がっているはずだ。加えて、フロントブレーキにも対向4ポットのラジアルマウント式が採用され、制動力強化と操作フィールの向上が図られている。全車ABS標準装備となったことで安全性も高められた。

ヤマハではTMAXをR1などと同じスポーツバイクのカテゴリーに分類している。それは走りのパフォーマンスへの自信の表れともとれる。“オートマチック・スーパースポーツ”としての純度をさらに高めた新型の走りが楽しみだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、倒立フォークを採用した「TMAX530」の2015年モデルを発表

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 二輪車整備士という仕事への情熱と誇りに迫る ヤマハ発動機は、企業目的「感動創造」に向けた企…
  2. SHOEIは、「Z-7 STIMULI(スティミュライ)」を2019年3月に発売する。 …
  3. SHOEIは、「NEOTEC II SPLICER(スプライサー)」を2019年3月に発売す…
  4. SHOEIは、「J・O NOSTALGIA(ノスタルジア)」を2019年3月に発売する。 …
ページ上部へ戻る