【新車】ヤマハ、「アクシス トリート XC125E」に新色を設定 2015年モデルとして発売

ヤマハ発動機は、原付2種のスタンダードスクーターとして人気の「アクシス トリート XC125E」に新色2色を設定し、2015年1月10日(土)より発売する。 販売価格は226,800円(税込み)だ。

以下プレスリリースより

新色は、20〜30代のアクティブ層に向けた鮮やかな「ビビッドレッドメタリック5」(レッド)と、シックで上質感ある「ダークグレイッシュパープルメタリック1」(パープル)の2色です。

「アクシス トリート XC125E」は、都市部でジャストサイズなシンプルボディ、燃費・始動性に優れるFIエンジン、ヘルメットボックスなどの収納性、手頃な価格等が特徴の125ccスクーターです。なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

■名称
「アクシス トリート XC125E」

■発売日
2015年1月10日(水)

■メーカー希望小売価格

226,800円
(本体価格210,000円/消費税16,800円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

■カラーリング

・ビビッドレッドメタリック5(新色/レッド)
・ダークグレイッシュパープルメタリック1(新色/パープル)
・ダークレディッシュグレーメタリック2(ダークブラウン)
・ニューパールホワイト(ホワイト)
・ブラックメタリックX(ブラック)

■販売計画
4,000台(年間、国内)

▼ビビッドレッドメタリック5(新色/レッド)



▼ダークグレイッシュパープルメタリック1(新色/パープル)



▼ダークレディッシュグレーメタリック2(ダークブラウン)



▼ニューパールホワイト(ホワイト)



▼ブラックメタリックX(ブラック)



「アクシス トリート XC125E」主要仕様諸元

・認定型式/原動機打刻型式/EBJ-SE53J/E3F1E
・全長×全幅×全高/1,795mm×675mm×1,070mm
・シート高/735mm
・軸間距離/1,255mm
・最低地上高/105mm
・車両重量/110kg
・燃料消費率※1/国土交通省届出値
・定地燃費値※2/46.0km/L(60km/h) 2名乗車時
・WMTCモード値(クラス)※3/42.7km/L(クラス1) 1名乗車時
・原動機種類/空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
・気筒数配列/単気筒
・総排気量/124cm3
・内径×行程/51.5mm×60.0mm
・圧縮比/9.5:1
・最高出力/6.0kW(8.1PS)/7,000 r/min
・最大トルク/8.9N・m(0.91 kgf・m)/6,000 r/min
・始動方式/セルフ・キック併用式
・潤滑方式/強制圧送ウェットサンプ
・エンジンオイル容量/1.2L
・燃料タンク容量/5.6L
・燃料供給方式/フューエルインジェクション
・点火方式/TCI(トランジスタ式)
・バッテリー容量/型式/12V, 6.0AH(10H)/YTX7A
・1次減速比/2次減速比/1.000/7.794(40/15×38/13)
・クラッチ形式/乾式, 遠心, シュー
・変速装置/変速方法/Vベルト式/オート
・変速比/2.572〜0.851:無段変速
・フレーム形式/バックボーン
・キャスター/トレール/27°00′/74mm
・タイヤサイズ(前/後)/3.50-10 51J/3.50-10 51J(前後チューブレス)
・制動装置形式(前/後)/油圧式シングルディスク/
・機械式リーディング・トレーリング(ドラム)
・懸架方式(前/後)/テレスコピック/ユニットスイング
・ヘッドライトバルブ種類/ヘッドランプ/ハロゲンバルブ/12V, 40/40W×1

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。
※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果からの計算値。

「アクシス トリート XC125E」フィーチャーマップ

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る