高速料金一本化はいいが…

国交省が首都圏の高速道路料金を走行距離に連動した制度に一本化すると発表した。定額制と距離制が混在して分かりづらい現状を改めるとともに、出発地と到着地が同じなら、どの経路を選んでも料金が同じとなる「同一発着・同一料金」とし、都心の渋滞緩和を図るのが狙いだそうだ。

渋滞緩和についてはもちろん歓迎したいが、問題は高速料金である。日本の高速料金は世界的に見ても異常に高い。土地が狭く山岳地や人口密集地を通さざるを得ないということで、コスト高になることは理解できる。
ただ、それでも欧州の先進国などと比べても、ざっくりと数倍は高い。ちなみに首都高は24km走るのに820円(普通車)もかかる。駐車場も高いし、これではクルマやバイクに乗りたくても都市部ではムリ、という話になりかねない。

通行料で道路建設費を賄う、償還主義の原則で日本の高速道路の建設は始まったが、その前提として償還されれば「いつか無料化される」はずだった。それがどうだろう。補修や新たな整備にコストは膨らみ続け、気が付けば借金地獄。つい数か月前、高速道路の有料期間を2050年から65年へと最大15年間延長する法案が参議院で可決されたことは記憶に新しい。少なくとも50年先まで、つまり自分が生きている間は、フリーウェイを見ることはできないということだ。

何か良い知恵はないものだろうか。乗らないことがイチバン、というのではあまりに悲しい。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. テイスティなデザインと最新性能を融合させたネオクラシックが、2018年はますます隆盛を誇りそ…
  2. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  3. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  4. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
ページ上部へ戻る