SYM、RV200iとRV125i 車両火災に至るおそれ

■リコール届出番号
外-2112

■リコール開始日
平成 26 年 12 月 1 日

■届出者の氏名又は名称
・株式会社エムズ商会
・製作国: 台湾
・代表取締役 松永 太郎
・製作者名:三陽工業
・問い合わせ先 045-263-8166

■不具合の部位(部品名)
番号灯(樹脂製カバー)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
番号灯において、樹脂製カバーの材質が不適切なため、長時間使用を続けるとバルブの熱によって当該カバーが溶損し、最悪の場合、車両火災に至るおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、対策品の番号灯に交換する。

■不具合件数
5 件

■事故の有無
車両火災 1 件

■発見の動機
市場からの不具合情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

・使用者:販売店からの電話及び DM で通知する。また、弊社 HP に公表する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌等に掲載する。
・対策実施済車には、車台番号の横にステッカーを貼る。

■車名
SYM

■型式/通称名/リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び輸入期間/リコール対象車の台数

・LF18W /「RV200i」/ RFGLF18W79S000004 〜RFGLF18W7BS000226
平成 21 年 6 月 3 日 〜 平成 23 年 6 月 27 日
222 台

・LF12W /「RV125i」/ RFGLF12W79S000008 〜RFGLF12W7BS001246
平成 21 年 6 月 3 日 〜 平成 23 年 6 月 27 日
1238 台

■合計
・2 型式
・2 車種
・輸入期間全体の範囲 平成 21 年 6 月 3 日 〜 平成 23 年 6 月 27 日
・計 1460 台

※リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る