SYM、RV200iとRV125i 車両火災に至るおそれ

■リコール届出番号
外-2112

■リコール開始日
平成 26 年 12 月 1 日

■届出者の氏名又は名称
・株式会社エムズ商会
・製作国: 台湾
・代表取締役 松永 太郎
・製作者名:三陽工業
・問い合わせ先 045-263-8166

■不具合の部位(部品名)
番号灯(樹脂製カバー)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
番号灯において、樹脂製カバーの材質が不適切なため、長時間使用を続けるとバルブの熱によって当該カバーが溶損し、最悪の場合、車両火災に至るおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、対策品の番号灯に交換する。

■不具合件数
5 件

■事故の有無
車両火災 1 件

■発見の動機
市場からの不具合情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

・使用者:販売店からの電話及び DM で通知する。また、弊社 HP に公表する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌等に掲載する。
・対策実施済車には、車台番号の横にステッカーを貼る。

■車名
SYM

■型式/通称名/リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び輸入期間/リコール対象車の台数

・LF18W /「RV200i」/ RFGLF18W79S000004 〜RFGLF18W7BS000226
平成 21 年 6 月 3 日 〜 平成 23 年 6 月 27 日
222 台

・LF12W /「RV125i」/ RFGLF12W79S000008 〜RFGLF12W7BS001246
平成 21 年 6 月 3 日 〜 平成 23 年 6 月 27 日
1238 台

■合計
・2 型式
・2 車種
・輸入期間全体の範囲 平成 21 年 6 月 3 日 〜 平成 23 年 6 月 27 日
・計 1460 台

※リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る