ハスクバーナ、「TE125」にフロントフォークがロックするおそれ

151125_150

■リコール対策届出日
平成26年11月26日

■リコール対策届出番号
外-2118

■リコール対策開始日
平成26年11月26日

■届出者の氏名又は名称
社名:株式会社 MV AGUSTA JAPAN
所在地:〒437-1114 静岡県袋井市西同笠387番地
TEL:0538-23-0861 FAX:0538-23-0862
営業種目:モーターサイクル及びモーターサイクル部品の販売、輸出入業
設立年月日:1997年12月19日

■不具合の部位(部品名)
ショックアブソーバ

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
左右フロントフォークにおいて、内部のロックナットの締め付けが不適切なため、使用過程で、当該ロックナットが緩むものがある。そのため、異音や走行安定性の支障が発生し、そのままの状態で使用を続けると、当該ロックナットが外れ、最悪の場合、フロントフォークがロックするおそれがある。

■リコール対策の内容
全車両、左右フロントフォークを点検し、ロックナットに緩みがあるものは、適切に締め付ける。また、ロックナットが緩みにより損傷している場合には、損傷箇所を新品に交換する。

■発見の動機
社内調査による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo. 外-2118のステッカーを貼付する。
・取り回しを修正したリヤブレーキホースに白ペイントで塗布する。

■車名
ハスクバーナー

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 不具合装置 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号 対象台数
TE125 ショックアブソーバ TE125 2014年06月18日 ~ 2014年07月30日 VBKUTA206FM121627 ~ VBKUTA208FM121631 63台
TE250 ショックアブソーバ TE250 2014年06月18日 ~ 2014年07月30日 VBKUTA205FM224375 ~ VBKUTA202FM224379 63台
FE250 ショックアブソーバ FE250 2014年06月18日 ~ 2014年07月30日 VBKUAA400FM120458 ~ VBKUAA40XFM120466 63台
FE501 ショックアブソーバ FE501UAB44 2014年06月18日 ~ 2014年07月30日 VBKUAB400FM494137 ~ VBKUAB400FM494137 63台

■製作期間の全体の範囲
2014年06月18日 ~ 2014年07月30日

■対象台数(合計)
63台

151125_151

【注意事項】
・車体はKTMと共通のため、表示されている改善対策の画像はKTMになります。
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る