避けては通れないこと

今、空前の勢いで生物の絶滅が加速している、という記事を読んだ。地球に生物が出現して以来、これまでに大量絶滅は5回程度あったとされるが、それらは火山活動や巨大隕石の衝突などが原因だったらしい。それと同程度の大量絶滅が今、従来の数百倍も速いペースで進んでいる、という恐ろしい内容だった。

これまでの絶滅はいわば人知を超えた自然災害によるものだったが、今回の原因は都市開発や乱獲、温暖化などの地球環境の急激な変化による可能性が大きいという。どこの国に住む誰であっても、今より豊かな生活を望むのは至極当然のこと。向上心は人間という種の生まれ持った性といってもいいだろう。だが、行き過ぎた経済活動が、人間以外の種を根こそぎ絶やしてしまう危惧がある。

温室効果ガスの主役は二酸化炭素だ。そして二酸化炭素は石油・石炭などの化石燃料の消費により大気中に放出され、その濃度は年々上昇を続けている。クルマやバイクに乗れば当然これが発生する。だれもが知っている事実だ。

地球上から生物がいなくなったとして、人間だけ無傷でいられるはずもなかろう。かといって、明日から原始生活に戻れるはずもない。では、我々はいったいどうしたらいいのか。この深遠な問いに答えることなど到底できないが、少なくとも自らの行為が人類を含む地球上のすべての生き物に対し、想像以上の深刻なダメージを与えていることを理解しておきたい。皆がそれを日々意識して行動することが、第一歩になればと思う。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

画像出展元:photopin(photo credit: circulating via photopin cc)

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る