【新車】EUホンダ、欧州向けのニューモデルCB125Fを発表

ホンダが欧州向けのニューモデルCB125Fを発表しました。CBF125の後継車種となるもので、CBF125はイギリス市場においては125ccクラスのベストセラーとなっています。
新型CB125Fは新しいシャシー、6本スポークの18インチホイールを採用しており、中回転でのトルクに優れた空冷エンジンに最新のPGM-FIセッティングが施されています。価格は未定です。

以下、EUホンダのプレスリリースを意訳

エントリーレベルの125ccバイクは多目的でなければなりません。多くのライダーにとっては最も経済的な移動手段であることが重要で、初期費用やランニングコストもまた重要です。こうしたライダーにとって、そのようなバイクというのは耐久性があり、維持しやすく、経済的なバイクであり、シンプルで故障が少ない移動手段であることが不可欠です。
しかし、125ccクラスのバイクは、多くの新規ライダーにとってバイクでの冒険の出発点であり、彼らにとっての初めての「本物」のバイクです。そのため、上述した重要な点を全て兼ね備えているだけではなく、バイクが日常の生活に与えてくれる刺激、自由、直感的な楽しさもまた必要です。さらに、初心者が扱い易いこと、オーナーの満足度を満たす製造品質が高いことも求められます。

ホンダのCBF125はタフで使いやすいエントリーレベルのバイクとしての評判を確立しています。新しいCB125Fは新しい遺伝子を取り入れた上で、前モデルのコアの強みを維持しながらも、クオリティと使いやすさ、デザインに重点を置いています。

CB125Fは同じファミリーで2気筒のCB500Fと4気筒のCB650Fの外観を踏襲しています。アグレッシブな「ストリートファイター」のスタイルはアップライトなライディングポジションとワイドなハンドルバー、優れたコントルール性にマッチしています。

スチール製の新設計フレームは剛性が高く、どのようなシチュエーションにも対応する反応性と確かなハンドリングをもたらすジオメトリーとなっています。前モデルでは17インチだったホイールは18インチとなり、テレスコピックのフロントフォークとツインリアショックとの組み合わせによって路面追従性とスタビリティをもたらしています。強力でありながら初心者にも使いやすいブレーキは油圧式のキャリパーとフロントがディスク、リアがドラムを採用しています。

CB125Fのエンジンは力強いフューエルインジェクションの単気筒エンジンです。低・中回転でのトルクに優れ、きびきびとしたスロットルのレスポンスとしています。

▼カラーバリエーション
パールツインクルイエロー
オニクスブルーメタリック
パールサンビームホワイト
キャンディブレイジングレッド

▼スペック
・エンジン:空冷4ストローク、2バルブOHC単気筒、バランサーシャフト装備
・排気量:124.7cc
・ボア、ストローク:52.4mm x 57.8mm
・圧縮比:9.2:1
・最大出力:7.8kW @ 7,750rpm
・最大トルク:10.2Nm @ 6,250rpm
・燃料供給:PGM-FI電子式フューエルインジェクション
・タンク容量:13リットル
・燃料消費:51.3 km/L
・トランスミッション:5速
・ディメンション:2035mm x 765mm x 1080mm
・ホイールベース:1295mm
・キャスター角:26°
・トレール:97mm
・シート高:775mm
・最低地上高:160mm
・車重:128kg

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る