HONDA、NC750X等のラゲッジボックスの不具合に対するサービスキャンペーンを実施

■改修の開始日
平成26年11月21日

■不具合の内容
シートロックキーの構成部品であるキーシリンダーとグリスの組合せが不適切なため、ラゲッジボックスリッドのロック開錠操作時に、キーシリンダーの摺動抵抗が増加するものがあります。そのため、高温環境下において、キー操作によってラゲッジボックスカムが変形してさらに摺動抵抗が大きくなり、強い力でキーを操作するため、最悪の場合カム山が破損し、キーが空回りをして、ラゲッジボックスリッドのロックが開錠できなくなるおそれがあります。

■改善の内容
キーシリンダーのラゲッジボックスカムを新品に交換するとともに、キーシリンダーとカムの摺動面に対策グリスを塗布します。

■使用者に周知させるための措置
ダイレクトメール等で通知します。

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の
範囲及び製作期間

対象車の台数

備考

ホンダ

EBL-RC72

NC750X
RC72-1000803〜RC72-1001776
平成26年3月10日〜平成26年8月21日
974
 

EBL-RC70

NC750S
RC70-1000442〜RC70-1000624
平成26年3月14日〜平成26年8月6日
183
 

EBL-RC67

NC750L
RC67-1001549〜RC67-1001748
平成26年4月17日〜平成26年8月21日
200
教習車専用

 

(計3)
(計3車種)
(製作期間の全体の範囲)
平成26年3月10日〜平成26年8月21日
(計1,357)
 

*対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。
対策後の識別:車台番号付近に銀色のラベル(KB85)を貼り付けます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る