ホンダ、ゴールドウイング、ゴールドウイング F6B、走行距離値が積算されないおそれ

■リコール届出番号
3473

■リコール開始日
平成26年11月21日

■不具合の部位(部品名)
その他装置(マルチインフォメーションディスプレイ)

■基準不適合状態にあると認める構造、 装置又は性能の状態及びその原因
マルチインフォメーションディスプレイ表示を制御するマイコンの内部回路が不適切なため、イグニッションスイッチをオンにした際に、マルチインフォメーションディスプレイが表示されないことがあります。そのため、そのままの状態で走行すると走行距離値が積算されないおそれがあります。

■改善措置の内容
マルチインフォメーションディスプレイを対策品と交換します。また、取扱説明書のマルチインフォメーションディスプレイ操作表示画面に関する記載内容に改訂シールを貼付します。

■自動車使用者及び自動車分解整備 事業者に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメール等で通知します。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。
・改善実施済車には、車台番号付近にNo.3473のステッカーを貼付します。

■車名
ホンダ

■型式/通称名/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

・EBL-SC68
ゴールドウイング
SC68-1200378〜SC68-1200815
平成26年4月7日〜平成26年9月4日
171台

・ゴールドウイング F6B
SC68-1200809〜SC68-1200811
平成26年9月12日〜平成26年9月15日
3台

■合計
2車種
174台

■製作期間の全体の範囲
平成26年4月7日〜平成26年9月15日

※対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る