トライアンフモーターサイクル、ボンネビルなど5車種にエンジンが停止するおそれ

このたび、トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をいたしました。

トライアンフモ-ターサイクルのエンジンの「エレクトロリック・コントロール・モジュール(ECM)」において、内部基板構成部品の製造が不適切なため、内部基板上にあるインジェクタ制御部品に過大な電流が流れて、この部品が損傷するものがあります。そのため、インジェクタを制御できず、イグニッションオンの場合に燃料を噴射し続けるようになり、エンジンが停止するおそれがあります。

トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表いたしました。対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にてECMを無償で良品に交換いたします。作業時間は約1時間です。

トライアンフは全てのリコール対象のお客様へ、このお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくための、ダイレクトメールを発信いたします。

【リコール届出番号 外-2117】

対象モデルおよび車台番号の範囲

モデル/リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲/対象台数

■「ボンネビル」
SMTTJ9107GF664559 〜 SMTTJ9107GF665178
5台

■「ボンネビルT100」
SMTTJ9157GF663168 〜 SMTTJ9157GF665573
9台

■「スラクストン」
SMTTJ9147GF662106 〜 SMTTJ9147GF665009
4台

■「スクランブラー」
SMTTJ9178GF665936 〜 SMTTJ9178GF667660
4台

■「タイガー800XC ABS」
SMTTRE16B8F664867 〜 SMTTRE16B8F666523
4台

※なおリコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合があります。

お客様お問合せ先
トライアンフ正規販売店、またはトライアンフコール TEL:03-6809-5233

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る